2014年4月11日金曜日

書評・感想文コンクール結果発表!『ドット・コム・ラヴァーズ』部門

諸々の事情によりご無沙汰いたしました。書評・感想文コンクール、『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』部門だけ発表しておいて、『ドット・コム・ラヴァーズ』部門を放ったらかしにしてしまって申し訳ありませんでした。遅ればせながら選考結果発表です。

『ドット・コム・ラヴァーズ』は2008年に刊行になった本で、本書で描いたオンライン・デーティングの経験はもう10年も前のことになるのですが、読者のかたがたの文章を読むことで、自分自身しばらく離れていた話題について改めて振り返る機会ができました。本の刊行当時、多くのかたから感想やコメントをいただき、とても興味深く読んだのですが、当時送っていただいた感想文やネットなどの媒体で発表された書評は選考の対象外とし(ただし、当時書いていただいた文章をあらためてコンクールのために送っていただいた場合は選考に入れさせていただきました)、今回のコンクールにあたって送っていただいた文章のみから選ばせていただきました。

最優秀賞 該当作なし
佳作 (同点2点) 
 坂本秀雄さん 坂本さんの文章は、本ブログの最後に添付いたします。
 yukacanoさん yukacanoさんの文章は、こちらでご覧いただけます。

著者が書評・感想文コンクールを主催しておいて、せっかく送っていただいた文章のなかから最優秀賞該当作なし、とするのはきわめて傲慢だ、と言われればまったくその通りなのですが、『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』部門の最優秀賞作品のレベルがあまりにも高かったので、それに匹敵する文章がこちらの部門ではなかった、という次第です。もちろん、2冊の本はまったく性質を異にする本ですので、寄せられる文章もその性格が違うのは当然で、『「アジア人」...』部門と同じような分析的な感想文を期待していたわけでは必ずしもありません。また、『ドット・コム・ラヴァーズ』は私の個人的な体験が素材となっているぶん、読者も、本全体の意図を把握することよりも、読者自身の経験や立場から独自のものを読み取り、パーソナルな感想を抱くことが多い、ということも、本の刊行以来わかってきました。そうやって読者のみなさんが、それぞれのものを感じ取ったり考えたりしてくださることは、それが著者の意図と合致していようがいまいが、とてもありがたいことです。

さて、『「アジア人」...』部門と違って、本部門の佳作2点となった文章を送ってくださったおふたりは、どちらも私は面識のないかたです。

坂本さんの感想文は、オンライン・デーティングに見られるアメリカの「交際」のありかたに焦点が当てられています。クッキングヒーターのたとえも面白いし、また、本書でちらりと言及しているベンヤミンの文化論をデーティングに応用するのも意外で新鮮な視点でした。

「交際慣れ」ということについて書いていらっしゃいますが、オンライン・デーティングに限らず、アメリカと日本では日常的な社交生活のありかたがずいぶん違います。もちろん、どんな分野でどんな人たちに囲まれてどんな暮らしを送っているかによって差はあるものの、一般的にアメリカでは、縁もゆかりもない見知らぬ人と会って会話をする、という状況の頻度が日本よりずっと高いのです。いわゆる「パーティ」では、何十人もの知らない人たち同士がワイワイと集まるなかで、初めて会う人と会話をする、そうした出会いを楽しむために行くようなものです。私は、長年のアメリカ生活でずいぶんと慣れてはきたものの、実はもともとそういう状況はとても苦手なのです。なにかのきっかけがあって話をするようになる相手とはたいてい興味深く話をする(人との会話の内容を友達に説明していると、「なんで初対面の相手とそんな込み入った会話をすることになったの?」と驚かれることがよくある)のですが、縁もゆかりもない相手に自分から積極的に話しかけていくようなタイプではないのです。そんな私でも、オンライン・デーティングをしばらく続けることで、新しい人物との出会いを楽しむ術、というものがある程度身に付いたことは確かだと思います。どんなに有望と思われる相手でも、会ってみたら「ケミストリー」が合わなかったとか、なにか決定的なことが欠けているとか、そんな可能性はいくらでもある。それが会って最初の10分くらいで明らかになることもある。それでも、せっかく「デート」にやってきたのだから、せめて一緒にいるその数時間は楽しく会話をしたいとお互いが思うのは当然。そして、オンラインのプロフィールやメールである程度の必要条件をクリアした相手であれば、こちらが興味をもって会話にのぞめば、いろいろと面白い話が聞けるのもほぼ確実。ほんの数時間のあいだでも、自分とはまったく違う人物の、仕事や趣味や生い立ちや人間関係や人となりに触れ、今まで知らなかった世界を少しでも垣間みるのが、面白くないわけはない。その「デート」がその先なにも展開しなかったとしても、数時間そうやって新しい人物と楽しく会話ができるのであれば、じゅうぶんじゃないか。オンライン・デーティングにはそういう姿勢で臨むのが正しい、と思うようになりました。

私は現在はオンライン・デーティングとはまったく関係ない方法で出会った相手と交際中なので、もう何年間もいわゆる「デート」はしていません。(本書でも「デート」という単語のややこしさを説明しましたが、言うまでもなくここでいう「デート」とは、恋人との交際という意味ではなく、恋愛相手になる可能性のある相手と、その可能性を探索する過程の付き合い、という意味で、日本にはこれに相当する概念がありません。)していなくてまったく結構なのですが、正直なところ、ときどきふと、「デート」をしている状況が懐かしくなることがあります。今の交際相手との関係にはまったくなんの不満もなく幸せに暮らしていて、別の人との可能性を考えるということはゼロ。それとは関係なく、「デート」をしているときの独特なエネルギーがちょっと懐かしいのです。なにかの可能性への期待をもって新しい相手と出会い、その人のことを少しずつ知っていく、その過程で、自分のなかでも新しいものが開けていったりする、そうした状況では、一種のハイともいえる、緊張と興奮と不安の混じった精神状態になります。もちろんそれはどっと疲れをもたらすこともあるけれど、他では得られないエネルギーの源になることもある。そうしたエネルギーを楽しむことが「デート」の鍵だと思います。

yukacanoさんは、オンライン・デーティングを超えて、「選択することの大切さ」を読み取ってくださっています。このような視点からの感想文は、本の刊行当時かなりたくさんいただきました。そして、こうした感想を寄せてくださるかたの大多数は、女性の読者であるというのが興味深かったです。たしかに、オンライン・デーティングでは無数とも思えるほどたくさんの男女が潜在的な「デート」の相手としてネット上に存在しているので、そのなかから自分にとって有望な相手のプールに絞り込んでいくためには、自分が交際相手に求めるもの、自分が恋愛に求めるもの、ひいては自分が人生に求めるものを、自分のプロフィールにおいても自分の選択プロセスにおいても明確にしなくてはいけません。私の知り合いのなかには、オンライン・デーティングで何人もの相手と「デート」してみたけど、ろくな経験をしたことがない、という人もいますが(たいていそういうことを言うのは男性)、話を聞いてみると、それはその人が「デート」に行く相手をじゅうぶんに選んでいない場合が多い。自分のプロフィールを丁寧に書いて、相手のプロフィールを丁寧に読んで、お互いに求めているものがある程度は合致しているかどうかを確認してから「デート」にのぞめば、上にも書いたように、たとえ「ケミストリー」は感じなくても、数時間が退屈でたまらない、といった思いはまずすることはないのです。「自分が求めるものをあれこれと挙げていると、他人あるいは自分の内なる声に『何様だと思っているんだ』とか『そんなにないものねだりばかりしているから相手が見つからないんだ』などと言われて、あまり自分の希望を言わないようにしていたのですが、『ドット・コム・ラヴァーズ』を読んで、そうか、自分が求めるものがあってもいいんだ、自分が選択してもいいんだ、と背中を押される気分でした」というコメントを送ってくださったかたもいたのですが、私にとってはそういうコメント自体がとても驚きで新鮮でした。

私自身は、仕事をまず選択してから恋愛相手を選択しているという意識はまるでない(やりたい仕事をさせてもらえている、そして仕事をしなければ生活ができない状況のなかで、今の仕事を続けるのは当たり前すぎて、自分にとっては「選択」というカテゴリーにも入らない)のですが、仕事・恋愛ということに限らず、自分が好きなことを選び取って追求することが、幸せの基本だと思います。自分が好きなことを選んで追求できる、という状況がいかに恵まれたことかも、オンライン・デーティングの日々から10年が経った今、実感しています。

コンクールに応募してくださった読者のみなさま、どうもありがとうございました。佳作のおふたりとは、都合が合えば、来月に一時帰国する際に「デート」をご一緒させていただきます。その「デート」の感想文も書いていただこうかしらん(笑)。

***********************************
           坂本秀雄さんの書評・感想文

数日前に久しぶりにこちらのサイトを開いて感想文募集を知りました。急いで読み返しましたが、吉原さんの屈託のなさは爽快ですね。フィールドワークや潜入ルポルタージュといった言い訳なしに恋愛事情を披露してくださって、ことさら気負いっているふうもない。世の中には妬みまじりにへんなことを言う人間がいるでしょうに、そんなものには頓着しない潔さに、あらためて脱帽です。

以前読んだときは、終盤の失恋体験から立ち直るために書いたのかな、といった邪推をした覚えがありますが、今回はすこし異なった感想をもちました。次のサバティカルではしばらく日本に滞在してmatch.com Japanの体験記を書いてもらえたら「読みたい!」そこまでしなくても『ドット・コム・ラヴァーズ』の感想文の寄稿者全員と、そこまでは無理なら何人かとデートしてブログに書いていただけませんか。けっして私をそのなかに加えいただきたいとか、のぞき趣味とかではありません。オンライン・デーティングの日米比較から見えてくるものがある気がします。

本書に触れる前はオンライン・デーティングを必要としているのは、出会いに困っている人、もっといえば人間関係の構築が得意ではない人という漠然とした印象をもっていましたが『ドット・コム・ラヴァーズ』を読んで、すっかり考えが変わりました。吉原さんをふくめて、むしろ交際慣れしている人が多いのに驚きました。オンライン・デーティングをしているうちにそうなったのか、もともとなのか、どちらかといえば後者のような気がします。「それってアメリカ人だから?」 そういう疑問をもったわけです。「だったら自分で試してみたら」とおっしゃられるかもしれませんが、既婚者なので残念ながら登録できませんでした。

この「交際慣れ」しているという印象は、穏便な別れ方に由来するものです。あなたといるのは楽しいけれど、これ以上深入りするつもりはない、という趣旨の決まり文句が存在していて、メッセージを受け取った相手は納得できなくても相手の意図を尊重して、身を引いてくれます。そこで思い浮かべたのは「IHクッキングヒーター」です。熱効率(火力)はガスコンロに劣らないのに火事になる危険性は低い、つまりけっして修羅場にならない、というところからの類推です。鍋のなかの恋愛感情を沸騰させる力はあります。失恋の辛さが素早く収まるわけでもありません。しかし別れ際にすったもんだして互いに傷つけあうことにはならない。ストーカー男ですら執拗であっても境界線を越えることはなく、最後は撤退します。

吉原さんやそのお相手だからこそかもしれませんが「リセットボタン」が押されたら「ゲームオーバー」を受け入れられる分別は見事です。もしかするとオンライン・デーティングの参加者には「ダメなら次の相手に期待しよう」というゲーム感覚のようなものが潜在意識に組み込まれてしまっているではないか、そんな感じをうけました。

くり返すうちに、デーティングファイルが積みあがる。それはコピーとまでは言えなくても、人の感覚になにか影響をおよぼすに違いありません。読み手にその作用を予感させるという意味において本書は、変成しながらもくり返される複製としての恋愛=デーティングがアウラの消滅によってより多くの人のものとなったKunstであることを、高らかに告げている書物です。などとつぶやいて、オリエンタルパサージュにでも出かけましょう。

2014年3月5日水曜日

書評・感想文コンクール結果発表!『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』部門

書評・感想文コンクールに応募してくださった読者のみなさま、どうもありがとうございました。書評・感想文を書くのに必要な注意をもって丁寧に熟読し、読みながらいろいろなことを考え、考えたことをきちんとした文章にまとめて著者本人に送るというのは、多大な時間と思考力と労力を要するものです。しかも、受賞したらこのブログで文章が世間に公開されるし、そのいっぽうで受賞しなかったらそれだけ頑張って書いた文章がなんの日の目もみないことになる。そうした条件下で、わざわざ多くのかたが文章を送ってくださったということに、涙が出るほど感謝しております。書評・感想文はみなそれぞれ独自の視点をもっていて、そうした視点には私の著述がどのように映るのかが感じ取られて、とても興味深く、勉強になりました。なるほどね〜、と意外な発見をしたり新鮮な思いを抱くこともありました。

さて、本日はまず『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』部門の受賞者を発表いたします。ジャジャーン!

最優秀賞(同点二点)
 川上桃子さん  川上さんの文章はこちらでお読みいただけます。
 大八木崇史さん 大八木さんの文章は、本ブログの最後に添付いたします。
佳作
 安西洋之さん  安西さんの文章はこちらでお読みいただけます。

はからずも、最優秀賞受賞者二名は私の友人ですが、友人だからゲタをはかせたわけではありません。この二人が受賞する理由は、書評・感想文を読んでいただければわかるはずですが、まずはこの二人の文章に共通する素晴らしさを挙げておきます。

ひとつは、その精緻で正確な読解力。一般の読者にもなるべく読みやすいようにと心がけたものの、アメリカ文化研究の学術書として英文で書いた原作を日本語に訳したこの本は、専門外の読者には、寝っころがってスラスラ楽しく読める、という類いの本ではありません。(その点、『ドット・コム・ラヴァーズ』『性愛英語の基礎知識』とは、問題意識としてのある程度の共通点はあるものの、とても種類の異なる本ですし、同じくクラシック音楽を題材にしている『ヴァンクライバーン 国際ピアノコンクール 』ともかなり違っています。)それぞれ専門性の高い分野で活躍しているとはいえ、私と異分野・異業種に属するだけでなく、クラシック音楽そのものについてとくべつな知識があるわけではない二人には、決して読みやすい本ではない(じっさい、文章のなかで二人ともその点を指摘しています)はずですが、そうしたハードルを超えて、私がこの本において意図したことの意義をきちんと理解し、私が分析を丁寧に追い、私が伝えようとした論を正確に把握している。(ごく基本的なことのようでありながら、この点をクリアしていない書評や感想文というのはかなり多いのです。)

そして、このプロジェクトのどういった点が新しく、どういった点が難しいのか、ということもちゃんと捉えている。「アジア人」および「アジア系アメリカ人」を対象としていながら、そもそもそのカテゴリー自体が様々な問題をはらんでいて、それらを既存のカテゴリーとして描写的に使うのではなく、そのカテゴリーを問題化することを目的のひとつとしているのだということをちゃんと理解している。そして、特定の問題意識をもってこのプロジェクトにのぞむ研究者としての私の視点と、「アジア人」「アジア系アメリカ人」音楽家たちの意識や経験は、多くの場合まるで違うものだという困難についても、シンパシーを示してくださっている。「そうなんです、そこが難しかったんです、わかってくれてありがとう」と二人の手を握りしめたい気分。(笑)

そしてなにより嬉しかったのが、二人とも、クラシック音楽における「真正性」の問題を扱った第五章にとりわけ反応していること。本全体のなかでも、この章は書くのに一番苦労した章であると同時に、一番重要だと思っている章なのです。「クラシック音楽における『真正性』とはなにか」、「クラシック音楽において『正統性』という概念のもつ意義はなにか」、といった問いに明確な答があるわけはもちろんなく、私は研究の初期の段階でこれらの問いを、「アジア系・アジア系アメリカ人の音楽家たちは、クラシック音楽における『真正性』『正統性』といった概念をどのように理解し、自らと音楽との関係をどのように捉えているのか」という問いに定義し直したのですが、このあらたな問いに対しても、答はまったく一筋縄にはいかない。音楽の普遍性を信奉し、クラシック音楽において「アジア人」云々を問題にするのは人種差別である、という立場の人たちから、音楽という行為の文化的固有性をとらえた上で西洋に起源をもつクラシック音楽に自らの形で取り組む人たちまで、音楽家自身の考えは実にさまざまで、そうしたアイデアをきれいに整理するのも難しいし、整理したところでなにか意味のある結論に結びつくわけでもない。また、文化批評の立場からいえば、そうした普遍主義や固有主義どちらにも、いろいろな問題はあり、そうした論点を説明するのにはどうしても文章が学術的になってしまい、一般読者にどれだけ伝わっているかが不安。そしてまた、研究者としても音楽にかかわる人間としても、私自身がどちらの見方により共感するかといえば、それも答えにくい。そうしたなかで、クラシック音楽の伝統と現代における音楽活動の両方に「真正」であろうとして音楽に向き合う「アジア人」たちの意識や行為について論じた点が、二人にきちんと伝わってホッ。

次に、二人の文章で挙げられているいくつかの具体点についてコメント。

川上さんは、この本が「アジア人音楽家という存在に映るアメリカ社会」、具体的には「人種とジェンダーと経済(報酬のメカニズム、出身階層、階層帰属意識といった広義の"経済")の絡まり合いを見事に描きだしている」、と書いてくださっています。アメリカ研究そしてアメリカにおける人文科学や社会科学の多くの分野においては唱え文句のようになっているrace, gender, classといった概念が、アジア人音楽家にとって実際にはどのような意味をもち、彼らの人生やキャリアにどのような作用をもたらしているのか、といったことを伝えるのが本書の大きなミッションのひとつだったので、この点をちゃんと理解してくださったのは嬉しい。後から考えると、一般の日本の読者に向けては、そもそもアメリカにおいて「アジア人」「アジア系アメリカ人」というものがどのような位置づけにあって、そのカテゴリーに含まれるのはいったいどういう人たちで、彼らはどんな意識をもってアメリカで暮らしているのか、というごく基本的なことをもう少し本書で説明しておけばよかったかなという気もしている(長年アメリカで生活し、アメリカ研究を専門としている私にとっては、「人種」をめぐる議論のなかに日常的に身を置いている私には、自明のことすぎて、この点が説明要ということに思い至らなかったのです)のですが、この点がちゃんと伝わったのならば、アメリカ研究としての本書の一目的は達成したと思えます。

そして、音楽好きの親の方針で幼い頃からピアノの英才教育を受けたものの、クラシック音楽の演奏や「ピアノのおけいこ」の世界に長いこと違和感を感じていたという川上さんが、第五章における「真正性」をめぐるああでもないこうでもないという分析を読みながら、クラシック音楽の演奏というものについての「不可解さ」への違和感が少しずつほぐれていったというくだりは、「ああ、この本を書いてよかった、とくに苦労して第五章を書いてよかった〜」と思わせてくれます。この本の読者は、クラシック音楽は好きだけれども学術研究にはあまり縁がないという人、あるいはアメリカ社会や人種といったトピックには興味はあるけれどもクラシック音楽にはあまり馴染みがないという人が多いのではないかと思っています。この本を通じて、前者タイプの読者には、社会学的・文化人類学的・文化批評的視点からクラシック音楽という世界をみるとどんな問いが立てられ、どんなことが見えてくるのかを垣間みていただき、後者タイプの読者には、クラシック音楽という世界はどんな論理で動いていて、音楽家たちはどんな意識をもってどんな暮らしをしてどんなふうに音楽創造という営みをしているのかを少しでも知っていただけたら、と思っているので、川上さんのような読者に、こう感じてもらえて本当によかった。

みずから日本語・中国語・英語を駆使して研究に携わり、とくに研究や執筆のプロセスといったことについて私と関心を共有している川上さんは、「英語と日本語の学術書のスタイルの違い」についても鋭い指摘をし、本の最初で西洋帝国主義や近代化といった生硬な用語が本の最初からがんがん出てくるのには結構面食らった、と正直に書いています。第二章以降ではがぜん叙述が生き生きしたものになるので、冒頭部で挫折しないように、と読者に指示と応援までしてくださっているのですが、二章以降のほうが読みやすい、というのは私にはちょっと意外でした。第一章は西洋音楽が東アジアに受容され、それがまた西洋へと「逆輸出」されていく歴史的経緯を扱ったもので、たしかに帝国主義や近代化といった用語は出てくるものの(こうした用語なしにこの歴史を語ることはまず不可能)、話自体は時系列的な歴史著述なのに対して、二章以降は「人種」「ジェンダー」「階層」といった分析カテゴリーを軸にした記述になっているので、二章以降のほうが読者にはむしろ難しいかな、そして五章が一番難しいだろうな、と思っていたのです。まあこれは、読者によって感じ方は違うことでしょう。

「クラシック音楽の世界でのアメリカの位置づけはもっと丁寧に論じるべきだった」という指摘、まったくおっしゃる通りでございます!(佳作の安西さんも同じ指摘をなさっています。)アメリカが研究の対象とはいえ、ヨーロッパを起源とする音楽なのですから、その世界におけるヨーロッパとアメリカの関係はもっと詳しく論じるべきでした。

Chineseを「中国人」でなく「華人」と訳したほうがよかった、という指摘も、おっしゃる通り。原書の研究と執筆が英語を中心としたものだったので、この点に思い至りませんでした。

次に、大八木さんの文章について。

経済・金融を専門とする大八木さんが、階層としての音楽家、そして経済活動としてのクラシック音楽を扱っている第四章を「消化不良」と感じ、「『古典的なマルクス主義理論』という枠組みから分析を始めること自体、時代錯誤も甚だしい」と述べているのは、ある意味納得がいきます。私がこの章で意図していたのは、「経済学」としてクラシック音楽を分析することよりも(そうであれば、古典的マルクス主義理論から話を始めるのはたしかに時代錯誤でしょう)、「クラシック音楽家」をアメリカの社会経済のなかに位置づけ、職業・産業としてのクラシック音楽の状況を描きながら、音楽家自身の階層帰属意識や文化資本としてのクラシック音楽のありかたを分析することにありました。(それに必要な文化・社会批評理論の潮流は、さまざまに形を変えつつもマルクス主義に源がありますが、ここで「マルクス主義」というのは、厳密な意味での経済分析としてのマルクスよりも、経済とイデオロギーや文化の相関関係の分析としてのマルクスです。原書はそうした前提を共有するアカデミックな読者を主に想定していたので、そうした点は説明せず、経済活動や社会階層にしぼって枠組みを背景説明をしたのですが、日本語版ではもっと説明をしておけばよかったかと反省。)実は、私はこのプロジェクトを初めに構想したときは、このトピックでまるごと一冊本を書くつもりでいたのです。つまり、この研究を始めるにあたって、私はブルデューの一連の研究をふまえた上でアジア人にとっての「文化資本としてのクラシック音楽」のありかたを社会学的に分析することに主眼をおいていたのです。けれども、実際に研究を始めてみると、そうしたトピックの他に、「音楽そのもの」をめぐる問いがだんだんと大きくなってきて、結局この文化資本分析は五章のうちの一章となったのです。なので、大八木さんは「章としてそもそも蛇足なのかもしれない」と述べていますが、私にとってはこの章は蛇足どころかキリンの首(例えが変か?)のような存在なのです。この章をもっと最初のほうにもってきてもよかったくらいなのですが、そうすると、「人種」やアイデンティティといった枠組みが薄れてしまいそうだったので、第四章という位置づけになりました。

日本語のタイトルが、本書の一番大切なメッセージを正確に伝えられなくなったきらいがある、という指摘(「歴史的な経緯を強調するようなこの日本語タイトル〜これは東アジアにおけるクラシック音楽の歴史的経緯と、著者がインタビューした演奏家のそれぞれがクラシック音楽家になった個人的な歴史・文化・社会的経緯の両方を含意しているのだろう」というのはまさにその通りです)は、まあおっしゃる通りなのですが... 本を何冊も出すうちにわかってきましたが、本のタイトルというのは、とても難しいのです。本書のタイトルについても、出版社のスタッフとああでもないこうでもないとのやりとりがさんざん続いた後でやっとこのタイトルに落ち着いたのです。原書は研究書なので、とにもかくにも内容が正確に伝わることが大事ですが、なるべく一般の読者、とくにクラシック音楽自体にそれほど興味がない読者にも手に取ってもらうことを心がけた日本語版では、「とにかく興味をもってもらう」タイトルであることが正確さと同じくらい重要。日本語だと「アジア人とアジア系アメリカ人」という用語をタイトルまたはサブタイトルに入れるのはあまりプラクティカルではないので「アジア人」に「 」をつけることでその問題に対応しましたが、『クラシック音楽と「アジア人」』(これも私自身が当初候補として挙げていたタイトルのひとつです)ではちょっとアカデミックな印象を与え、クラシック音楽に興味がある人以外にはアピールが低いのでは、という意見からボツになりました。

さて、この本では二カ所で、何人かの音楽家とのインタビュー内容をそのまま掲載していますが、大八木さんはこのインタビューが、「単に彩りを添えるということだけではなくて、本書に歴史的な資料価値を与えている」、つまり、21世紀初頭のアメリカ、特にニューヨークを中心としてクラシック音楽の世界におけるアジア人の生の声を記録することで、ここで語られていることの時代性を浮き彫りにし、「後になってその言葉から、現時点では見えない様々な要素を帰納的に導きだすことが可能になるかもしれない」と書いています。この点、とてもオモシロイ!インタビューをした時点、そしてインタビューの抜粋をそのまま本に入れようと決めた時点では、そうした時代性ということは考えていませんでしたが、言われてみるとその通りです。そして実際、私はこれらのインタビューを含むフィールドワークをおもに行った2003〜2004年からちょうど十年が経ったのを機に、「音楽家たちの十年」を調べてみたら面白いのではないかと思い、当時インタビューし今でも親交のある音楽家たちの数人に、あらたなインタビューをし始めているところなのです。音楽家個人の人生やキャリアにおけるさまざまな変化は、クラシック音楽業界や社会全体の変化といろいろな形で結びついています。この十年では、ラン・ランやユジャ・ワンといった「華人」音楽家がスーパースター的地位を占めるようになり、「アジア人」クラシック音楽家の台頭はさらに加速しています。また、インターネットによる音楽配信の急速な普及が、音楽業界に大きな様変わりをもたらしています。さらに、オバマ政権が実現し、アメリカにおける人種力学も、変化した部分もありそうでない部分もあります。そうしたなかで、「アジア人」音楽家たちの意識や音楽が、どのように変化しているかしていないか、前回と同じ音楽家たちそして新たな音楽家たちの両方をインタビューしてみたら、とても面白いと思うのです。なにかの形でこれをまとめて発表できますように。

最後に、私のことを、「優れたインタビューアであり、また、非常にテンポの良い文章を書く」と形容してから、「本書はそもそもが学術論文であるため、様々な制約下で、筆者のそのような才能が十分反映されていないと思う」という大八木さんの指摘。本のなかでも書いたように、この本を英語から日本語へ、そして学術書から一般書へと「翻訳」するのは、実に大変な作業で、こういう過程はもう二度とふむまい、と固く決意しているくらいなのです。同じ内容でも、原書を訳すのではなく、日本語は別物として書き下ろしていたら、議論展開も文章ももっと滑らかなものになったはずですし、学術的分析は副次的なものとして読み物としての面白さを主眼においた本づくりにすることも、しようと思えばもちろんできたのですが、新たなトピックでの研究をすでに始めているなかで、この同じ素材を別の形に書き換えるという作業もしたくなかったので、原書の翻訳という形になりました。まあ、『性愛英語の基礎知識』の著者は、こういう本も書くのだということを世の中の人に知っていただくという点では意味があったと思いたいです(笑)。

安西さんの文章は、みずから音楽家ではないけれどもクラシック音楽の世界をよく知っている、イタリア在住のビジネスプランナーという立場ならではの、独自の視点から、本書の論点に興味深い反応を示してくださっています。考えてみると、今回の受賞者が全員、クラシック音楽にかかわる人たちではないということ、そして(少なくとも現時点では)日本の外で生活している人たちである、というのは興味深いです。これが偶然なのか、それとも日本の外で暮らしているからこそ「アジア人」ということの複雑な意味を理解しやすいのか、そしてクラシック音楽と直接関係がないからこそその世界の特有性をめぐる議論に反応しやすいのかは不明です。

受賞者のみなさんと相談の上で、副賞の内容を決めさせていただきます。応募していただいたみなさま、本当にどうもありがとうございました。また、コンクールは終了いたしましたが、本への感想やコメントはもちろんいつでも大歓迎ですので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。『ドット・コム・ラヴァーズ』部門の選考結果は、追って発表いたします。

***********************************
           大八木崇史さんの書評・感想文


「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?-人種・ジェンダー・文化資本(吉原真里・著)を読んで。

力作である。

自身がアマチュアとして相当なピアノ奏者である著者が本書の執筆を始めたきっかけは、小澤征爾が指揮し、日本人観客が聴衆に混じるウィーン・フィルハーモニーの2001年の新年コンサートを目の当たりにした著者が、「アジアの中産階級が西洋クラシック音楽へ傾倒してきたという独特な歴史的・文化的現象を、私の個人的な体験と学問的知識の両方をもって分析できるのではないか、ということに突然思い至った」(はじめにp6)ことであった。これを受けて、主として東アジアにおけるクラシック音楽受容とその後の歴史的な経緯を説明した第1章が書かれている。第1章はそれ自体が一つのコンパクトに纏まった小論文である。

本書はこれに、「2003年から2004年にかけての1年余り、ニューヨーク周辺の音楽家たち約70名」(序章)へのインタビュー取材というフィールドワークをベースとした考察である第2章~第5章が続き、「アジア人とアジア系アメリカ人という特定の集団に焦点をあてることで、音楽家や聴衆の生活を構成するこのような『非音楽的』な要素が、どのように『音楽そのもの』と交差しあって、クラシック音楽特有の強く深い意味を生み出すのかを検討する」(おわりにp276)ことを執筆の目的としている。

ところで、この論文の執筆が苦労の連続であったであろうことは想像に難くない。著者が述べているように、そもそも「フィールドワークが進むにつれ、たいていのクラシック音楽家の日常生活や仕事は、アジア人としてのアイデンティティや東西関係の力学などといった問題を中心にまわっているのではないということに嫌でも気づかされた」(おわりにp280)うえに、「『アジア人』という単語は、固定したひとつの意味をもつものではなく、特定の歴史社会的・文化的な文脈のなかで具体的な意味を獲得するアイデンティティの印なのである。」(第5p279)という説明に象徴されているが、「アジア人」という多義的なコンテクストを包含しうる言葉は、分析の切り口として使うにはそもそも無理があるというか、控えめに言っても歯切れが悪い。そういうツールでは論理的に一つの明確な結論が出てこないからである。

つまり、本書が取り組んだ題材も枠組みも、はっきりした結論を出すことが「論文」にとっては本質的に重要であるという観点からすると、とても「筋の悪い」ものに見えるのだ。私が「力作である」といったのは、そういう勝ち目のなさそうな戦いに挑んだ著者の蛮勇と、しかしながらにして、結果としては、特に音楽の「真正性authenticity」という概念について、鋭い洞察を導くことに成功しているからである。

例えば、「『戦略的な本質主義』―つまり、自らの歴史・文化・アイデンティティの特定の要素を意図的に喚起すること―は、共通の政治的目的のために連帯を組もうとするマイノリティにとっては、有効な手段なのである。クラシック音楽を、ヨーロッパに固有の伝統ととらえ、アジア人をその領域の他者と位置づける人々も、同様の論理で真正性という概念を使い、クラシック音楽という芸術形態の歴史的・文化的な固有性を重視すべきだと主張しているのだ」(第5p235)という逆説的な視点は、新鮮である。また、「音楽家たちの実に多様な経験や考えをみると、音楽という行為の現実をふまえることなく理論的な次元でそうした批評をすることの欠陥が明らかとなる。アジア人音楽家たちの経験や活動は、音楽の原作および現代それに携わる音楽家自身の両方―つまり、クラシック音楽の伝統と現代における音楽活動の両方―に忠実な『真正性』の概念を提示しているのだ。」(第5p236)という指摘は本書の真骨頂であると思う。

いくつか難を言えば、ないことはない。例えば、第4章は、著者自身が「クラシック音楽家を経済関係における階層的主体として分析することは非常に困難である」と述べているように、消化不良の感は否めない。結論として否定はしているものの、「古典的なマルクス主義理論」という枠組みから分析を始めること自体、時代錯誤も甚だしい。ただし、仮に効用関数が云々といったような近代的な経済分析を施したところで、これまた何かしら有意な結論を導くことが出来るとも思えない。章としてそもそも蛇足なのかもしれない。

また、日本語のタイトル「『アジア人』はいかにしてクラシック音楽家になったのか?」もしっくり来ない。原題のAsians and Asian Americans in Classical Musicが本書の主たる内容をストレートに伝えるものであった。これが「学問言語から一般言語への翻訳」(あとがきp287)をするなかで、歴史的な経緯を強調するようなこの日本語タイトル~これは東アジアにおけるクラシック音楽の歴史的経緯と、著者がインタビューした演奏家のそれぞれがクラシック音楽家になった個人的な歴史・文化・社会的経緯の両方を含意しているのだろう~にしたことによって、本書の一番大切なメッセージをタイトルが正確に伝えられなくなった嫌いがある。

最後に、著者は、「私はこの本をあくまで学者として書いている。自分が見聞きしたことを、批評分析したりより大きな文脈に位置づけたりすることなく、そのまま受け入れたのでは、学者としての知的な役割を放棄することになる。」(はじめにp9)と言っているが、一方で、何人かの音楽家たちのインタビュー内容をそのまま掲載もしている。この試みは成功していると思う。これらのインタビューは、単に彩りを添えるということだけではなくて、本書に歴史的な資料価値を与えている。本書は「21世紀初頭のアメリカ、特にニューヨークを中心とした、アジア系音楽家へのインタビュー」 が主なベースになった研究である。私は、インターネットで情報が軽々と国境を越えるようになった現在において、時代性そのものが地域性よりも人々の考え方により大きな影響を与えるようになってきており、また均質化の速度も上がっているのではないかという仮説を持っている。こうした文脈の中で、本書は、著者の意図に拘らず、歴史的にみると、あくまで21世紀初頭という特定の時代の社会的断面を切り取った研究として位置付けられていくのではないかと思えるのである。インタビューそのものを掲載しておくことにより、後になってその言葉から、現時点では見えない様々な要素を帰納的に導き出すことが可能となるかもしれない(例えば時代性。定義として、同時代にいる人間には見えない)。このインタビューのお陰で、ある程度の時間を経て、本書の面白みが増すかもしれないのである。ちょうど、良いワインが時間を経て熟成するかのように。今から30年後の世代の音楽家に同様のインタビューをして、その答えと本書のインタビュー対象者の回答がどう違ってくるかを想像するだけでも楽しい。その際は「アジア人」という題材・切り口での分析が一層困難になっていると思料するが、どうだろうか。

著者はそのキャリアの冒頭で学者ではなく新聞記者になることも考えていたという経歴の持ち主で、優れたインタビューアであり、また、非常にテンポの良い文章を書く。本書はそもそもが学術論文であるため、様々な制約下で、筆者のそのような才能が十分反映されていないと思う。少々乱暴ではあるが、筆者が仮に学者としての矜持を捨てて、インタビューを中心に綴った本として本書を再構成していたら、読者としてはこれまた違った面白さが味わえたかもしれないと思う。まあ、こういうことを、ない物ねだりというのだが。

2014年2月10日月曜日

カルチュラル・スタディーズの創始者、スチュアート・ホール氏逝去

朝一番にフェースブックを開いて大打撃を受けたのが、スチュアート・ホール氏逝去のニュース。通称カルチュラル・スタディーズという名で知られるようになった学際的な分野の生みの親のひとりで、第二次大戦後の人文科学・社会科学に非常に大きな貢献をもたらした人物です。私にとっては、エドワード・サイードと並んで、知的にもっとも大きな影響を受けた思想家のひとりといえます。

1932年ジャマイカ生まれ。キングストンで古典的英国式の教育を受けながらも、脱植民地運動に影響を受け、ジャマイカの人種状況の束縛を逃れるため、世界的に権威のあるローズ奨学金を受給して1951年にオックスフォード大学に留学。英文学を専攻しながらも、裕福で名門の家庭背景からくる学生たちの空気に馴染めず、街の移民マイノリティたちとの交流を深めるにつれ、自らの黒人としてのアイデンティティに深く向き合い、そして世界各地の脱植民地主義運動や学生運動にかかわるようになる。New Left Reviewという左派思想雑誌の創設者となり、ロンドンに移住し、大学講師をしながら大衆文化の研究に身を投じるようになる。1964年に思想家Richard Hoggartがバーミンガム大学にCentre for Contemporary Cultural Studiesという研究書を創設した際にホールを教授陣に招待したのがはじまりとなり、ホールは他の数名の思想家たちとともに、いわゆるバーミンガム学派のカルチュラル・スタディーズの生みの親のひとりとして、斬新な研究・教育活動を展開していくことになります。

その広汎な研究・言論活動を一言で要約するならば、広義の「文化」と「政治」「権力」の関係を考察する、ということ。マルクス思想の流れを汲みながら、大衆文化・若者文化・メディアなどの文化を緻密で丁寧に理論化し、現代社会におけるマルクス主義の役割、グローバリゼーションの状況、多文化主義と人種・エスニシティや性の力学などさまざまなテーマについて、文学理論・言語学・哲学・社会学・文化人類学などの手法を使って精力的に論じてきました。批評理論の世界的リーダー、そしてカルチュラル・スタディーズや多文化主義の生みの親とみなされながらも、(とくにアメリカにおける)カルチュラル・スタディーズが流行りの学術用語を駆使した単なる表象分析に傾倒することに強い異議を唱え、本来のマルクス主義の理念を学び直すことを、左派の思想家たちにむかって常に説いてもいました。そしてまた、カリブ海社会はもちろん、アジアやアフリカの研究者たちにも多大な影響を与えながらも、批評理論というものは、固有の歴史・社会の流れのなかで生まれるもので、理論を固定化させてそのまま別の文脈に移植しても意味はない、と警鐘も鳴らしました。正統的な教育制度にアクセスをもたない低所得者層・地方在住者・社会人などに高等教育の機会を与えることを使命として1960年代に創設されたオープン大学での教育活動に身を投じたことからもわかるように、生涯通じてマイノリティや移民や労働者階級との直接のかかわりを優先した人物でもあります。

学術界のスター・システムを嫌い、共同研究や共同執筆、そしてジャーナリズムやメディア一般を通じての言論活動を重視したホールは、その影響力から考えると、単著の書籍は少なく、彼の貢献の多くは、さまざまなエッセイやインタビュー、共編著などの形で残っています。

これを機に、真剣にホールを読み直してみたら、日本の惨憺たる政治状況のなかで、人々が「こりゃあちょっと頑張らにゃあかん」と奮い立つ...かな?


2014年2月7日金曜日

平等な夫婦はセックスを(あまり)しない?

たいへんご無沙汰いたしました。年が明けて、晴れて学部長代理の役割を離れたので、嬉しくてたまらず、自分の新しいプロジェクトのための研究・執筆に日々(とはいっても、やはり授業や大学院生の指導そして学務の雑用はつねにあるので、毎日できるわけではないですが)取り組んでいます。

久しぶりの投稿がこのネタ、というのもなんなのですが、ニューヨーク・タイムズ・マガジンのこの記事がちょっと面白かったので紹介します。タイトルからして、Does More Equal Marriage Mean Less Sex? すなわち、「より平等な結婚は、セックスの頻度の低下を意味する?」統計によると、現在アメリカにおいて、18歳未満の子供がいる夫婦の64パーセントは共働き。共働きの夫婦が増えるにつれて、経済力や家事・子育ての役割分担などにおける男女の差は縮まり、夫婦関係がより均衡なものになっている。そして、とくに若い世代においては、男女ともにこうした傾向を肯定的にとらえており、夫婦それぞれが仕事で活躍し、家事を平等に分担し、趣味や交友関係を共有する、平等な結婚生活を目指している。しかし、そうしたなかでひとつ、意外な結果が生まれている、とのこと。

去年発表されたある社会学の調査によると、家事をより平等に分担している夫婦のうち、とくに「一般的には女性の役割」とされているような家事—洗濯物をたたむ、料理、掃除機をかける、など—を男性がしている夫婦は、より「男性的」な家事—ゴミ出し、車の修理、など—を男性がしている夫婦に比べて、性行為の頻度が1.5倍低い、との結果が出ているらしい。しかも、これは頻度だけの問題ではない。より「男性的」な家事を男性がしている夫婦のほうが、女性の性的な満足度も高い、とのこと。なんと!

もちろん、こうした数字をあまり額面通りに受け取るのは問題。こうしたデータ収集は、被調査者の自己申告にもとづいて行われるので、質問に答える人が必ずしも事実を言うとは限らないし、「性的満足度」といった質問にかんしては、その質問がなされた状況によって答えかたが変わってくる可能性もじゅうぶんある。そしてまた、相関関係を因果関係と混同してはいけないので、「夫婦関係を平等にすると、セックスが(あまり)なくなる」と結論づけるのも間違っている。しかし、そうしたことを考慮にいれてある程度差し引いて考えるとしても、この調査の結果にはある程度の真実がある、と、夫婦を相手にするサイコセラピストであるこの記事の著者はいう。

たしかに、男性が女性を対等の人間として扱い、さまざまな家事を積極的にやってくれるほうが、女性の満足度は高くなる。いつも女性にばかり面倒な雑事を押し付ける男性には、女性は性的魅力を感じなくなるのは当然。しかしそのいっぽうで、男性が台所の掃除や食料の買い出しをせっせとしてくれたからといって、そのぶん女性が男性に性的な魅力を感じるようになるかというと、そういうわけでもない、と。

この状況についてのひとつの説明は、「ジェンダー(性への社会的・文化的意味づけ)差がなくなるにつれ、性的な欲求は低くなる」というもの。キンゼイ研究所のある調査によると、一般的にゲイのカップルはレズビアンのカップルよりも性行為の頻度が高い。そして、より頻繁にセックスをするゲイのカップルは、性的に自分と違った趣味(性行為においてリードする側かされる側か、など)の相手を選んでいることが多い。それに対して、レズビアンのカップルは、そのように性的に自分と対照的な相手を選ぶ、といった傾向が少ない。

もちろん、セックスの頻度が低いからといって、そうした夫婦の幸せ度が低い、というわけではない。とくに女性にとっては、男性が家事や子育てを分担してくれることのほうが、男性の収入や共通の信仰などよりもずっと、結婚における満足度に貢献する、という調査結果もある。また、男性が家事をまったくしない夫婦と比べると、男性もなんらかの家事を分担している夫婦のほうが、セックスの頻度は17.5パーセント高い。ただ、どんな家事をするかが鍵となっているらしく、伝統的に「男がするもの」「女がするもの」とされている行為は、「男らしさ」「女らしさ」ひいては「男性的魅力」「女性的魅力」と結びつく。そして、男性も女性も、相手を性的に惹き付けるためには、自分と相手の相違をアピールする。ゆえに、家事などの社会的・文化的役割において、男女の差が縮まれば縮まるほど、「他者」への吸引力が減る、というのだ。ムムム。(この記事の残りの半分くらいに、他にもいろいろと興味深いことが書いてあるのですが、ここでは省略します。)

そうかあ〜。そうなのかなあ〜。でも、私の友達(ゲイの男性)があるときプレゼントしてくれた、女性に人気のオモシロ本は、Porn for Women。むっちゃカッコいい男性が、積極的にこちらの話に興味をもって聞いてくれたり、女性の家族や友達と一緒に時間を過ごそうとしてくれるだけでなく、みずからすすんで掃除や洗濯をしたり、料理の腕をふるってくれたりする、その様子を、写真と台詞で並べた本。ポルノといっても、上半身裸だったり下着姿だったりする写真が数点あるほかは、男性はすべて服を着ている。つまり、女性にとって性的に魅力的な男性というのは、こういう男性ですよ、ということ。ちなみに、この本を編集・刊行しているのは、The Cambridge Women's Pornography Cooperative (CWPC)という女性団体。本の後ろにある文章によると、この団体は、「『ポルノグラフィ』という単語を、金のネックレス、胸毛たっぷりの上半身、レジャースーツ、大きな口を開けたバカ、といった従来のイメージから解放し、我々のものにすることを使命としています」とのこと。さらに、「学界、医学界、メディア界などでは、ユーモアのセンスがじゅうぶんに発達していない人たちもまだいると思われるので、現時点ではCWPCは会員名簿を公開してはいません。この本が、そうしたユーモアのセンスを培う一助となることを願っています」とのこと。いいなあ、こういうの。でも、上記の調査によると、こうした「ポルノ」観はあくまで理想で、現実の男女の性的欲求とは合致していないということなのか?ウ〜ム...

2013年12月21日土曜日

『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』および『ドット・コム・ラヴァーズ』書評・感想文募集!

私は今学期、学部長代理という役を務めていたのですが、昨日の教員会議をもってようやくだいたいの仕事は終わり、月曜日に書類処理を終え、冬休み中にいくつかの業務をメールでやりとりすれば、晴れてお役目終了となります。やれやれ、実に疲れる一学期でした。こういう役につくと、組織として日常的にこなさなければいけない諸々の事務作業に加えて、なぜよりにもよって今こういうことが起きるんだ、といった類の「問題」が次々と浮上し、その危機管理に心身を消耗します。なぜか今学期はとくべつそういった危機が多かったような気がしますが、もしかすると、自分が学部長でないときは知らないだけで、いつの学期にもこういうことが起こっているのかもしれません。ともかく、学部が崩壊することなく学期の終わりを迎えられそうなことに感謝。

さて、まるで関係ないですが、ふと思い立って、拙著『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?──人種・ジェンダー・文化資本』および『ドット・コム・ラヴァーズ―ネットで出会うアメリカの女と男 』についての、書評・感想文コンクールを著者みずから主催することにいたしました。

自分の本が新聞や雑誌に紹介されたり、ウェブサイトやブログに書評を書いてくださるかたがいたり、知人友人そしてときには未知のかたがメールやフェースブックを通じて感想を送ってくれたりするようになって、本の読みかたというのは本当に人さまざまなんだなあということを、深く実感するようになりました。書評や感想を読むと、どういうポイントに読者が反応するのかがわかるだけでなく、著者が意図していなかったものを読者が感じ取ったり考えたりしているのを知ったり、読者からの疑問・質問から多くのことを学んだりします。また、「ああ、自分ではこういうことを伝えようとしたつもりだったんだけど、あの書き方ではいまいち伝わっていなかったんだな」とか、「そうか、あのあたりが書き足りなかったんだな」とか、反省点も見えてきます。なにより、自分の本をきちんと読んで、わざわざ時間を割いて感想を文章にしてくださる読者、それをいろいろな媒体に載せて他の人たちとシェアしてくださるかたがたがいる、というのが、著者としてはなによりありがたく、読者の反応をそのように手応えとして感じられるのが嬉しいのです。というわけで、10月発売になった『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』および、2007年発売の『ドット・コム・ラヴァーズ』について、書評・感想文を募集いたします。(ちなみに、『ドット・コム・ラヴァーズ』は現在の在庫がなくなったら増刷にはならないそうです。(泣)今ならまだ手に入りますので、どうぞお早めにお求めください。)募集要項は以下のとおりです。

『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』または『ドット・コム・ラヴァーズ』の書評・感想文(両部門への応募ももちろん歓迎です)

形式自由・字数制限なし (すでにブログなどで書評や感想文を書いてくださっているかたの文章も対象内といたします。その場合は、文章のファイルやリンクをお送りください。その場合は他薦も可です。)

審査は、本の理解が核心を突いている・なにが面白かったか、なにに驚いたか、なにを学んだかなどを具体的に説明している・鋭い疑問や批判を提示している・本の内容に新しい視点をもたらす・読者自身の感じ方を素直に記述している、などなど、複数の基準や視点を組み合わせておこないます。審査員は著者のこのワタクシひとりです。ひとつ強調しておきたいのは、著者が審査員だからといって、本をほめればよいというものではない、ということです。本が気に入ったのであれば、どこがどう面白かったのかを具体的に書いていただければもちろん嬉しいですが、よい書評・感想文、とくに著者にとってもっとも勉強になる書評・感想文というのは、著者に考える題材を与えてくれるような文章です。本を痛烈に批判した文章でも、批判が的を得たものであれば、漫然とほめた書評よりも著者にとってはずっとありがたいものです。なにより重要なのは、読者が感じたこと・考えたことを素直に表現してあることです。

トップ受賞者の書評・感想文は、このブログで紹介させていただき、その書評・感想文へのコメントをワタクシが書かせていただきます。副賞は以下のとおり。

『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?』部門

受賞者の居住地で受賞から1年以内に開催される、著者オススメの「アジア人」音楽家による演奏会のチケットを2枚差し上げます。ただし、受賞者の居住地によってはこれが不可能な場合もあるので、その場合は、本に登場する「アジア人」音楽家のアルバムを著者が5枚厳選してプレゼントいたします。

『ドット・コム・ラヴァーズ』部門

著者みずからが受賞者を「デート」にお連れいたします。ただし、著者はホノルル在住、日本への帰国はほぼ一年に数週間ですので、有効期限は無期限、実現可能なときに世界のどこかで、ということにいたします。ご了承ください。

応募締切 2014年2月28日(金)
応募先 件名に「書評・感想文コンクール応募」と明記の上、メールの添付ファイルとしてmyoshiha@hawaii.eduまでお送りください。
結果発表 2014年3月中旬 このブログにて

ふるってのご応募を楽しみにしております。


2013年12月16日月曜日

American Studies Association, 対イスラエル学術ボイコット決議を採択

私が所属するおもな学会であるAmerican Studies Association (2014年7月からは、この学会の学術誌であるAmerican Quarterlyの編集本部がわがハワイ大学にくることになり、なんと最初の5年間は私が編集長を務めます)が、対イスラエル学術ボイコット決議を採択し、世界的に大きな話題を呼んでいます。今日のニューヨーク・タイムズはこの話題をトップ記事で取り上げています。American Studies Associationがニューヨーク・タイムズのトップ紙面で扱われるなどということは、史上初めてのことだと思われます。対イスラエルのボイコットという、ひじょうに複雑な問題が、アメリカにおいて、そして世界においてもつ意味の大きさを示唆しています。

「対イスラエル学術ボイコット」とはなにか?ひじょうに複雑なこの問題を一言で説明するのは難しいのですが、要は、イスラエル占領下のパレスチナ人研究者や学生たちが、学問の自由や基本的人権を侵害され、イスラエルの大学ではパレスチナ人研究者や学生がさまざまな差別を受けていることなどから、人種差別や植民地主義などを批判的に研究・議論しあらゆる形の社会正義を提唱するアメリカ学会は、パレスチナ人の迫害に加担しているイスラエルの大学や学術団体などと組織的レベルでの交流を拒否する、と表明するものです。ただ、この一文では説明しきれない要素がたくさんあるので、実際の文面をこちらでごらんください。

このボイコット決議が学会会員全員の投票に委ねられるまでの数ヶ月、学会の内外でひじょうに大きな議論が繰り広げられました。ボイコット決議は、ちょうど一年前に、学会内のAcademic and Community Activism Caucusという部会が、役員会に検討を申請したことから始まりました。部会が役員会に申請した決議は、内容にかかわらず役員会で検討すると学会の規約で決められており、規約にしたがって役員会は提出された決議の内容を丁寧に議論してきました。その過程で、決議に反対する会員たちが強い抗議を表明し、ボイコット反対の署名運動を繰り広げたり、高等教育全体にかかわる話題をカバーするChronicle of Higher Educationという媒体で名の知れたブロガーがボイコット決議を強く批判する記事を投稿(その後、このブロガーは修正された決議の文面を読み、この決議をめぐって学会がとってきた手続きなどを知って、立場を変更、決議を支持する投票をしています)したりしたことで、この話題は当学会の外にも大きく広がっていきました。決議に反対する人たちのなかには、検討されているボイコットの具体的な内容や、決議の文面を実際に読まずに、「イスラエルに対するボイコット」という行為に抗議している人も少なくないことが、抗議の内容から明らかでしたが、決議の文面を熟読した上で、パレスチナ人研究者や学生の学問の自由や基本的人権を支持するという理念には賛同するものの、ボイコット決議には反対する、という人もたくさんいました。ボイコットに反対する人たちのなかには、「イスラエル一国をとりあげてボイコットのような制裁措置をとるのは、反セミティズムである」「特定の国の大学や学術団体との交流をボイコットするのは、相手国だけでなくアメリカを拠点とする研究者の学問の自由を侵害するものである」「アメリカ学会とは学術団体であって政治団体や思想団体ではなく、このような問題についてボイコットといった立場を表明するのは組織の主旨に反する」といった意見から反対する人もいましたが、「イスラエルの大学には、イスラエル国家の対パレスチナ政策に強い批判をする研究者も数多くいるなかで、そうした人たちを敵にまわしイスラエルの大学や学者たちとの交流を阻止するのは、パレスチナ支持という目的のむしろ妨げとなるものである」「アメリカ政府がイスラエルに対して巨大な軍事的・経済的支援を続けているなかで、アメリカ学会が自国の政策を棚に上げてイスラエル、しかもイスラエルの学術団体を批判するのは偽善的である」などという意見から決議に反対する人も少なくありませんでした。(注:この段階での議論は、もともと部会から提出された決議の文面にもとづいたもので、以下説明するように、今回会員の投票にふされた実際の決議の文面は、こうした意見をふまえてかなりの修正を加えたものになっています。)そのいっぽうで、さまざまな立場からボイコットを支持する研究者や学生たちも、インターネットをはじめとする多くの場で次々と発言を重ね、議論が白熱していきました。世界各地で展開されるBDS運動(イスラエルの対パレスチナ政策への抗議として、イスラエルに対しボイコット・投資接収・制裁措置をとる運動)の一部として、国際的に話題も広がっていきました。

こうした議論を受けて、学会役員会は、私も参加した先月11月ワシントンで開催された年次大会で、この決議についてじっくりと議論し(学会誌の次期編集長という立場で、私は投票権はないものの役員会には出席しました)、この決議についてさまざまな視点から議論するフォーラムを4日間の学会のあいだに3回主催し、そのうちのひとつは、会員誰でも発言権をもつオープンフォーラム。このフォーラムが真に「オープン」であらゆる立場の人が自由にそして平等に発言できるものになるよう、さまざまな配慮や工夫がなされました。(発言したい人はフォーラム開始前に紙に名前を書いて箱に入れ、進行役がその箱のなかからランダムに名前を抽出する。発言者はみな一様に2分間以内の発言をする。などなど。)私はこのオープンフォーラムは最後の15分ほどしか出席できなかったのですが、そこでの発言や聴衆の態度をみるかぎりは、発言者はみなとても思慮深く、知的で、建設的でかつ情熱に満ちた発言をし(とくに大学院生による勇気ある発言が感動的でした)、聴衆はすべての発言に集中して耳を傾け、中傷・嘲笑・妨害などの行為はまるでなく、きわめて民度の高い議論だと思いました。私が実際に聞いた発言は、ボイコットを支持するものばかりでしたが、後から聞いたところによると、このフォーラムでは決議に反対する人による強い発言もあったものの、発言した人たちの圧倒的多数は決議賛成の立場の人たちだったそうです。

そして、このオープンフォーラムの翌日、役員会はふたたび会議を開き(これには私は不参加)、これまでの議論やフォーラムでの会員たちの発言をふまえて、次のステップを検討。その日2時間の会議では決定に至らず、結局、役員たちがそれぞれの拠点に散らばって行った後で数週間にわたり、メールや電話会議で審議が続けられたそうです。そして、それまでに寄せられたさまざまな意見をふまえた上で、決議の文面を修正し、決議採択の是非を会員全員の投票に付す、という決定が役員会全会一致でなされました。そして、投票した1252人の会員のうち66%が賛成、30.5%が反対、3.43%が棄権という、いわゆる「地滑り」的結果で、決議が採択されました。

人文・社会科学系の学会がこうした決議についてこれだけ白熱した議論を重ねるという状況、そして、この問題がアメリカ社会でどれだけ緊迫した議論を呼ぶかということは、なかなか日本ではわかりにくいかもしれません。私は、今回の決議は、とくに修正された文章は、歴史・政治・軍事などを専門とする研究者たちが各方面からの視点や意見を丁寧に検討した上で草案されたことが明らかな、立派な決議だと思います。私も決議を支持する投票をしました。ですから、決議が採択されてよかったと思いますが、それ以上に、私がもっとも強い帰属意識をもっているこの学会において、こうしたとても複雑な問題について、あらゆる立場の意見にきちんと耳を傾け、丁寧な議論を重ね、規約に沿った手続きを踏んで、民主的な方法でこの決議に至ったということに、一種の感動を覚えます。

学会のサイトで、決議にかんする情報や、この問題にかんしてのさまざまな人々の発言が読めますので、興味のあるかたはぜひ読んでみてください。いろいろな点で勉強になります。

2013年11月9日土曜日

同性婚法案、ハワイ州議会上下両院を通過

ここ数週間ハワイで最大の話題になっていたのが、州議会の特別会期で審議されているSB1同性婚法案。結果からいうと、昨晩、下院で審議されていた法案が30対19で通過し、すでに法案を通過させた上院と修正案などの具体点をめぐる交渉が来週なされ、正式に同性婚が可能になる模様です。

数年前に、法的な結婚とは違うものの同様のさまざまな権利や保護を同性同士のカップルに付与するシヴィル・ユニオンがハワイで制度化されたことはこのブログでも報告しましたが、これはシヴィル・ユニオンではカバーされない領域を含む、異性者同士の結婚と同じ「結婚」を同性者にも可能にするものです。ここ数年間で、アメリカ全体における同性愛をめぐる世論は確実に変化し、同性婚を認める州も次々に出てきていますが、ハワイでも同様。州議会のリーダーたちが同性婚を支持するようになってきたこと、また、Neil Abercrombie州知事が支持を表明していることから、州議会の特別会期が開催され、上院で提出された法案は難なく通過、その後、先週から下院で審議がされていました。この際、委員会の公聴会で、一般市民が証言をする機会を与えられたことから、何千人という市民が計50時間以上(ひとりに与えられる時間は2分間)にわたって議員たちの前で証言をしました。私は意見文を書面で提出しただけで実際に証言はしませんでしたが、私の友人や学生のなかにも、何時間も自分の順番を待って発言した人たちが何人もいます。

特別会期開催が決まった頃から、法案自体は通過がほぼ確実といわれていたものの、一般市民の証言の実況中継をネットでしばらく見ていると、ふだんの生活のなかでは浮上しない分裂が浮き彫りになり、とても暗い気持ちになりました。法案を支持するさまざまな人々(自身が同性愛者であるという人ももちろんたくさんいますが、そうでない人もたくさん証言しました)が、権利の平等を主張するいっぽうで、反対派の人々(そのほとんどが一部の保守キリスト教団体に属する人々)は、同性愛は神の意思や自然の摂理に反するもので、同性愛者に結婚を許すことは家族という形態ひいては社会全体の崩壊につながる、と説く。数年前のシヴィル・ユニオンの議論のときと比べると、同性愛を小児愛症や屍姦症などと結びつけて憎悪に満ちた攻撃をするといった類の発言は減り、むしろ、「私は同性愛者の同胞にも愛情をもっています。でもだからといって同性愛者の人たちが結婚するべきかというと、それは間違っています。結婚というのは男性と女性のあいだでなされるものです」という種類の証言が続きました。また、州議事堂の前には連日法案反対派の人たちがたくさん集まって道ゆく車に向かってLet the People Decide、つまり、この問題は議会での投票ではなく住民の直接投票によって決定されるべき、というプラカードを掲げていました。

昨日は朝から夜遅くまで州議事堂のまわり法案に賛成する人々・反対する人々の両方が多数集まり、私も午後1時間ほど行ってきました。





支持派は、ゲイ・プライドの象徴である虹色のカラフルな旗を振り回し、人々は虹色のレイを首にかけ、ポップな音楽を大音量でかけて、道行く車に向かって大きく手を振り声をかけながら歌ったり踊ったりして、一大パーティのようでした。

反対派ももちろん数多く集まって、審議がおこなわれている議事堂のなかにむかって抗議の意を表明していましたが、この日はレインボーカラーの元気に押され気味だった模様。この後、法案が正式に成立し、ハワイが同性婚を認める第16の州となれば、さらなる抵抗があるでしょうが、同性愛をめぐる感性や世論が徐々に変化していることは確実。

キリスト教の教義を主張して法案に反対する人々に向けた、Kaniela Ing議員の発言がとても立派だったので、以下紹介しておきます。