2018年9月27日木曜日

「アジアン」が消えた『クレイジー・リッチ!』日本公開




本日928日(金)に日本で公開になる映画『クレイジー・リッチ!』について、このブログに文章を投稿しようと思っていたところ、ちょうど『現代ビジネス』から現代アメリカ文化についての原稿依頼を受けたので、そちらに寄稿させていただきました。こちらの記事は本日公開ですので、読んでいただけたら嬉しいです。

記事でも書いたように、この映画は、アメリカでは、業界の予測も私の予想もはるかに上回る人気となっています。私も公開された週末に劇場に観に行きましたが、かなりの行列となっていました。ハワイは、複数の人種を属性とする人も含めると人口の半数以上がアジア系で、「アジア系アメリカ人」の歴史や社会もアメリカ本土とは違った要素がたくさんあるのですが、そのハワイでもこれだけこの映画が話題になっている、というのも興味深いです。

日本ではこの映画は公開されているのだろうか、されているのならいったいどのように受け取られるのだろう、と思って検索してみたところ、本日公開される日本版のタイトルからなんと「アジアン」が抜けているということを知り、驚愕するやら「そりゃそうだろうなあ」と頷くやらで、この文章を書きました。

限られた字数のなかでカバーできなかったポイントや、リンクをつけられなかったコンテンツについて、補足の参考資料として、以下リストアップしておきます。

******

まず、記事の最後のほうで言及した、ヴィエト・タン・ウェンがニューヨーク・タイムズ紙に寄せた文章はこちら。ウェンは小説家であると同時に文学研究者でもあり、『シンパサイザー』がピュリッツァー賞を受賞してからはとくに、自らの影響力を社会啓蒙のために使っている真摯な姿勢に頭が下がります。『シンパサイザー』は邦訳も出ていますが、カルチュラル・スタディーズ的手法を使った彼の研究書NothingEver Dies もたいへん良書でオススメです。

ウェンの文章の最後のほうでも巧妙に示唆されているように、アジア系アメリカ人がみな手放しでこの映画を称賛している訳ではありません。この作品についての批判的な論評からもいろいろなことが学べるので、その例をいくつか挙げておきます。

この映画の製作と流通・消費の様相に見られる「アジア系アメリカ」と「アジア」の関係や、この作品におけるシンガポールの表象についての問題点を論じた記事はこちら。ちなみに、この記事で引用されているCheryl Narumi Naruseは、ハワイ大学在籍中に私が指導したこともある文学研究者です。

アメリカではCrazy Rich Asians Asiansの部分ばかりが注目を浴びていますが、日本版タイトルになっている『クレイジー・リッチ!』の部分、つまり、なぜこの物語に出てくる人々がここまで桁外れな富を築くに至ったのか、その物語がシンガポールで展開されるということにどのような意味があるのか、に焦点を当て、「アジア」の資本主義の歴史におけるシンガポールの位置づけを論じた文章はこちら。きちんと読むとたいへん勉強になります。

この映画における富の描写やシンガポールの表象についてさらに詳しく批評した文章はこちら。最後のほうで言及されている、ふたりの男性の親密なシーンについては、なるほどと思いました。

さて、ちょっと違う路線ですが、物語のクライマックスとなる、レイチェルとエレノアの一騎打ちのシーンの意味は、麻雀のルールを知らないと、うっすらとしか理解できません。私は、映画を観た後でこの解説を読んで「なるほどそういうことだったのか」と理解してから、記事を書くために後日もう一度観に行って、フムフムと納得しました。

そして、自分の記事のポイントに戻って、アメリカにおけるアジア人の表象の歴史については、私のかつての指導教授であるロバート・リーによる『オリエンタルズー大衆文化のなかのアジア系アメリカ人』(貴堂嘉之訳)が今では古典となっています。

もちろん、このようなことを気にかけず、単なるロマンチック・コメディとしてこの映画を楽しむのも、大いに結構なことです。ただ、そうやって楽しめる贅沢に感謝しながら、タイトルから消えた「アジアン」の意味について考えると、別の楽しみが増すとも思います。




7 件のコメント:

シングリッシュ さんのコメント...

確かに「アジアンズ」が邦題から消えた意味性は色々な考察ができそうですね。
私はシンガポール在住なので現地で見ると舞台設定などなかなか面白かったです。
同じくシンガポール在住のこの方のブログにも「アジアンズ」表記が消えた件について
いわゆるホワイトウォッシュ問題も絡めて考察されており興味深いです。
http://uniunichan.hatenablog.com/
ブログ主さんによると、ドイツ、イタリアでも「アジアンズ」表記は消されているとか、、、

なんにせよこの様なシンガポール人原作でハリウッド制作という映画が広まることは
意義のあることだと思いますね。


匿名 さんのコメント...

吉原先生、

たいへん参考になる記事を読ませていただきました。その中で、『本日公開される日本版のタイトルからなんと「アジアン」が抜けているということを知り、驚愕するやら「そりゃそうだろうなあ」と頷くやらで、』とありますが、どうして、「そりゃそうだろうなあ」と思われたのかがわかりませんでした。
そこだけ解説を加えていただけませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

匿名 さんのコメント...

おお、結局USオープンの件は完全に無視されることに決めたんですね。さすがに驚きです。
賢明といえばそうなのでしょうが、なんだか何のためにコメント欄を設置されているのかわからなくなってしまいますね。

匿名 さんのコメント...

そうなんです。USオープンの記事に対して数々寄せられた意見については全く何の反応もなく、よくもまあしゃあしゃあと次の記事を掲載できるものだなぁ、と思います。
今回も、上から2つ目の方は普通に質問されていますが、それにも全く返事はなし。
そういうことならコメント欄を設けている意味ないでしょう。読者に失礼です。コメント欄を置いているのは単なる自己満足ですか?

次回からで結構ですので、コメント欄は廃止なさってください。それが、せめてもの読者に対する礼儀というものです。

匿名 さんのコメント...

上のお二人の匿名さんとまったく同じ気持ちです。吉原さん、あなたがどんな素晴らしいことをブログにお書きになろうとも、私はあなたをまったく尊敬できません。言いたい放題に記事を書いてコメント欄の質問も反論も無視するとは、まったく不誠実な態度です。あなたの記事を読んでくださっている読者を愚弄するような振る舞いは、そもそも教育者としてあるまじきものです。恥ずかしくはないのですか。

匿名 さんのコメント...

ああ、こういう活動されてる方は自分に都合がよい流れを作りたいが為に誤情報を流しても訂正せず、人からの意見もおそらく「不当なクレーム」とでもして聞く価値の無いものと処理するんですね。
本当にこの界隈の印象って見たまま、感じたままです。
自分だけが正しいと思っている独善的な人間で構成されている集団に未来ってあるんですかね?

匿名 さんのコメント...

反応がないのが、コメント欄を見ていないからだとしたら、それはそれでたいへん失礼。それだったらコメント欄置くな、と。

見ているけど返事したくないから返事しないということだとしたら、自分の意見を論稿として公開している立場としては、言いたいことだけいってそれ以外はしない、という、単なるひとりよがりの身勝手。

ああ、こういう人が教育者とは。。。
なさけない。

お辞めになるべきです。