2008年10月22日水曜日

ネット恋愛もろもろ

友達が、こういう記事を送ってくれました。いわゆるオンライン・デーティングの他にもネットを介した出会いや恋愛はいろんな形であるのは知っていましたが、なるほどこれはなかなか面白いです。飛行機や電車やエレベーターのなかで素敵な人と目があったり少し会話をしたりしたものの、名前や電話番号を聞き出す勇気や時間がなかった、しかしその相手がとても印象的で忘れられない、といったときに、インターネット・サイトを使ってその相手を探し出し、再会・交際・恋愛にいたる、というパターンが、けっこうあるらしいのです。こうやって出会って結婚したカップルの写真まで載っています。世界じゅうのいろんな街で、アパートやベビーシッター、バンドのメンバーや家具まで、なんでも探せるcraigslistには、個人広告の欄があって、一夜の情事を求める人たちのコーナーもあり(なかなかスゴいです)、このcraigslistを使って探す人もいますが、その他にも、その名もなんとsubwaycrush.com(『新潮45』の私の新連載を読んでくださったかたには、crushとはなんのことだかわかりますねー。とても実用性のある連載でしょ?(笑))とかisawyou.comとかkizmeet.comとか、「やっぱりもう一度会いたい」相手を探すための専用のサイトまである、ということを私もこの記事で初めて知りました。今これらのサイトをちょっと見てみましたが、とても面白い!「何月何日何時頃、x駅からy駅までのz線に乗っていた、黒い服を着ていた茶色い髪の素敵な女性、ぜひメールください」といったようなメッセージがたくさんあるのです。公共交通機関での移動が普通で、かつ赤の他人とはあまり会話をしにくい日本では、けっこうこれは流行るんじゃないでしょうか。

1 件のコメント:

falan さんのコメント...

おもしろいですね。日本だったら「~していた彼女/男の人」を探してます、というところでしょうが、「You were ~」なんですね。

ためしに「たずね人」で検索してみると、それらしきサイトがいくつか見つかりましたが、読んでみるとどれも「~で目が会ったイケメンさん、後ろに座っていたオレです」みたいなゲイの方の発展場でした。日本でも一般向けサイトを期待したいです。