2009年10月27日火曜日

11/7(土)名倉誠人マリンバ・リサイタル

ここ二、三日で東京は急に寒くなり、ハワイの気候に身体が慣れている私は寒くてたまらず、また、アメリカ東海岸のとても寒いところに住んでいたときにも、家のなかはセントラルヒーティングでぽかぽかと暖かかったのに、日本の家は風がスコスコだしセントラルヒーティングはないし(それにいくらなんだって暖房を入れるにはまだ早いですし)で、毛布を身体に巻いてがたがた言っていましたが、今日は気持ちいい秋晴れでほっとしました。

今日は宣伝です。11/7(土)に、私の友達のマリンバ奏者、名倉誠人さんのリサイタルが、代々木の白寿ホールであります。名倉さんとは、私がニューヨークで過ごした一年間に仲良しになり、一緒に飲み食いを楽しむほか、音楽や芸術についての真剣な話を聞かせていただいたり、CDのレコーディングのお手伝いをさせていただいたりしました。私の著書Musicians from a Different Shore: Asians and Asian Americans in Classical Musicには、名倉さんのインタビューの抜粋を大きく入れさせていただいています。名倉さんに出会うまで、私はマリンバという楽器にはまるで馴染みがなかったのですが、初めて名倉さんの演奏を聴いたとき、マリンバという楽器を生んだ樹や森の感触が伝わってくるような温かい音色に、音楽っていうのは有機的なものなんだなあということを改めて知らされ、衝撃的な思いをしたのを覚えています。今回のリサイタルも、「森と木と音楽II」というタイトルがついていて、そうしたテーマが全体を貫いているようです。名倉さんの音楽は、とても繊細で優しい音であると同時に、芸術音楽というものは、呑気にだらっと座ってバックグラウンド・ミュージックのように流しているのでなく、聴くほうも集中して真面目に向き合うものであるということを促すものでもあります。(その点で、以前紹介した岡田暁生さんの『音楽の聴き方』で書かれていることに通じる部分が多いです。)普段から名倉さんが演奏するのは、現代の作曲家に委嘱した新作が多く、作曲家たちと名倉さんの気迫がぶつかり合いながら、新しい創造に関わっている、そのプロセスに、名倉さんの演奏を通じて触れることができるのも、実に幸運なことです。今回のリサイタルでも、作品のほとんどがなんと世界初演です。作曲家のうちふたり、長田原(「おさだもと」と読みます)さんとKenji Bunchさんも、Musicians from a Different Shoreでかなり大きく取り上げています。

世界初演の音楽に触れられる機会は、そうあるものではないですし、刺激的な新曲の素晴らしい演奏が聴けることは間違いないので、ご都合のつくかたは是非どうぞ。小学校中学年以上くらいでじっと静かに座っていられる年齢だったら、お子さんにも楽しめる音楽だと思います。演奏会前には作曲家を交えたトークもあります。ニューヨークなどでは、リサイタルの後に聴衆が演奏家(や現代曲のときは作曲家)とロビーで気軽に話をできるように設定されていることが多く、そのぶん音楽活動が身近に感じられるのですが、今回のトークもそうした主旨でしょうから、是非積極的に参加して、質問などしてみてください。いらした方は、会場で私を見つけて声をかけてくだされば、私が喜んで名倉さんや長田さん、Kenji Bunchさんにご紹介します。

チケットの情報などは
こちら、またはミリオンコンサート協会へどうぞ。今ならまだチケットが手に入るそうです。来られないかたは、名倉さんのCDを是非聴いてみてください。これも名倉さんのホームページから買えます。私がレコーディングをお手伝いしたのは、Triple Jumpです。素晴らしいですよ。

演奏会といえば、私は先週、紀尾井ホールであった、辻井伸行さんのリサイタルに行ってきました。辻井さんの演奏を聴くのは、クライバーン・コンクールでの彼の優勝に居合わせたとき以来初めてでした。こちらは、ベートーベンの「悲愴」と「熱情」に始まって後半はすべてショパンという、実にオーソドックスなプログラム。私としては、辻井さんのように、今なら演奏会をやればすぐに完売になる演奏家にこそ、現代曲を初めとしてあまり演奏されないような曲目を演奏して、聴衆を新しい音楽に触れさせてほしい、という気持ちが正直なところです。なにしろ辻井さんは、クライバーン・コンクールでは現代曲の演奏の部門でも賞をとっている(現代曲は、作曲家に委嘱された四作品の楽譜が、コンクールの数カ月前に参加者に送付され、参加者は急いで曲を選んで覚えなければいけないわけですから、楽譜が読めない辻井さんがこの部門で受賞したというのは、さらにすごいことです)のですから、その受賞曲やコンクールで演奏された他の委嘱作品を聴かせてくれたら、スタンダードなレパートリーに限られない辻井さんの音楽性の幅を日本の聴衆に知らせることができるし、作曲家にとってもいいし、現代においてクラシック音楽を演奏するということの意味を考えさせてくれるプログラムになるのではないかと思います。あるいは、同じベートーベンのソナタなら、クライバーンの準本選で彼が演奏した「ハンマークラヴィア」を聴かせてくれたらいいのではないかと思います。弾くのももちろん大変だし、聴くほうにもなかなか大変な、難解複雑な曲ですが、だからこそ辻井さんの演奏でそれを聴いてみたい、という聴衆は多いはずです。

もちろん、地方都市を含めたくさんの場所で連日本番を続けている状況で、また、クラシックにそれほど馴染みのない聴衆もいるであろう舞台で、あまり珍しいプログラムを組むのも難しいのだろうことは想像できます。演奏そのものも、技術的にはもちろんなにも文句をつけるような点はないものの、なんだかちょっと、慣れで演奏しているような印象を受けてしまったのが残念でした。クライバーンのときは、本当に一曲一曲に身体が揺さぶれるような思いがしたのですが、優勝以来モーレツなスケジュールで世界各地や日本全国をツアーして、同じような演目を演奏し続けているのですから、毎回の演奏に同じようなテンションや感動がなくても無理ないのかもしれません。ただ、クライバーン本人も、チャイコフスキー・コンクールで優勝してスーパースターとなった後、練習や休憩、ものを考える時間がとれなくなって、演奏家としてはかなり辛い時期を過ごしたことはよく知られていますので、辻井さんがそういうことにならないように、せっかく大きく花開いた可能性が頭打ちになるようなことがないようにと、願うばかりです。そうした意味で、辻井さんを見守る聴衆のほうも、「悲愴」「熱情」「月光」ばかりを彼に求めるのではなく、メッセージ性のある音楽作りを期待することが重要だと思います。(念のため付け足しておきますが、私はベートーベンの三大ソナタが嫌いなわけじゃありません。三大ソナタが頻繁に演奏されるのはやはりこれらが名曲だからで、曲そのものにはいろいろな感動があります。ただ、日本のリサイタルのチラシなどを見ていると、あまりにもこれらのソナタがたくさんのプログラムに入っているので、ちょっとげんなりした気持ちになるのです。わざわざお金を払って出かけて行ってこれを生で聴くべき理由をはっきりと知らせてくれるような演奏であれば、なにも文句はありません。)辻井さん、頑張れ!

1 件のコメント:

bun さんのコメント...

以前コメント欄で何度かお邪魔したことのあるbunです。ごぶさたしております。英文記事の紹介を読めないでいる人云々のくだり、胸にチクチクしてました(笑)。

日本に関するご指摘、私が不満に思っているところを的確に指摘してくださっているので痛快です。雑誌・日本のインターネットメディア・コンサートの演目等々、分野は違ってもみな根が同じ問題だと私には思えます。共通して、さほど大きくなくても全くリスクがとられておらず、ゆえに活力に欠け、病的なまでに無難さが好まれていますよね。そうしたところを本当によく指摘されていると思います。

日本のいいところといえば、ご指摘の通り、電気・水道・ガス等のライフラインおよび郵便の頑強性や無謬性、官民を問わぬクレーム処理の迅速性・的確性といったところでして、要はこれらの、徹底的に誰にでも共通な需要ならばめちゃくちゃしっかり処理されるが、少し「特異」(本当は特異でも何でもないのだと思いますが、社会からの理解のされ方として)な需要になるととたんに冷遇されるところがあるのですね。生活する上で当たり前のこととして意識にのぼらないほど基本的なことが頼んでいないほどしっかりしているというあり方なので、そういうゆがみが、社会インフラの充実度に比べて満足度が低くなる理由のひとつなのではないかと思います。とまれ東京ですらそのような画一性にむしばまれているので、地方はさらに悲惨です。

私のアメリカ人の知人が、日本の仕事で変だと常々言うのは、工事現場で足元を注意するように促すだけの仕事の人がいることと、デパートの案内ブースに若い女性が2人もいたりすることです。これらの非人間的なまでの閑職が、どこにでも不可欠であるかのように用意されている、その非効率に、部外者ながら憤慨するそうです。でも、この2つの仕事、日本人の客の扱いや世間の皆様の扱いについての考え方が具現化している仕事でもありますね。電車のアナウンスが病的なまでに丁寧なのも同根だと思われます。こういう性向はいつまで続くのでしょうか。面白いと思っています。仕事以外に変だと彼が言うのは、トイレのハイテクさと蝋でできた食品サンプルがどんなレストランにもあることなどです。こうしたところはやはり吉原先生にも奇異に映ったでしょうか?

男女の関わり方ということでは、日本の街を歩いていて、欧米の街と比べてあまりにも違うなあ、と常々感じるのは、どちらが年上であるとにかかわらず、年の差の離れた男女の、親子などの親族でないらしいペアを、日本では全然見かけない、ということです。私のやっかみもあるかもしれませんが(笑)。石原裕次郎ではありませんが、大袈裟に言うと、いちいち「夜霧」がないと年の差の異性カップルが一緒に歩けないところがまだまだある(笑)。

じゃ、どこにもそういうカップルが全くいなかというと、新幹線で熱海駅に降り立った瞬間からとたんそんなカップルばかりになったりするわけですが(笑)、おじさんはそういうところじゃないところでも、「普通に」「いやらしくなく」「互いを不快な好奇の目で見ずに」男女両方が楽しく街を並んで歩ける日が来るといいなあ、と思ってます。はい。