2010年5月13日木曜日

国際養子縁組のポリティクス

先日、特別養子縁組で血のつながっていない子ども三人を育ててきた夫婦、そして乳幼児を引き取る夫婦に焦点をあてたNHKドキュメンタリー「私の”家族”」をとても興味深く見ました。アメリカでは養子をもらうということはかなり一般的です。数は知りませんが、私の身の回りにも、自分が養子として育てられた人や、養子をもらって育てている人たちが何人もいるので、かなり一般的なことなのだと思います。それに対して、日本では、家族の事情で親戚に育てられたという人の話はたまに聞くことはあっても、まったく血のつながっていない子供を養子にするという話は周りでは聞いたことがありません。(私が推測するに、日本では「家」や「家系」というものがより重視された戦前のほうが、むしろ養子縁組は多かったのではないでしょうか。)私は、個人的にも養子については関心があるので、この番組にはとくに興味があったのですが、養子を引き取る親の気持ちや、家族のありかた、育ての親の他に生みの親がいると知って育ち思春期を迎える子供の複雑な感情などを、等身大に温かい視点から捉えていて、いい番組だと思いました。制作者が登場する人たちと相当に強い信頼関係を築けなければ、ああいう番組はできないと思うので、そうした意味でも尊敬できる番組作りでした。ただ、日本でどのくらい特別養子縁組というものが行われているのかとか、そうした斡旋をする団体はこの番組に出てくるNPOの他にどのくらいあるのかとか、そういった情報がもう少し紹介されていたらよかったのにと思います。

と思っていたところに、『ニューヨーカー』誌に、ハイチから養子をもらった著者によるエッセイが載りました。アメリカで養子をもらう家族のうちの多くは、中国や中南米(最近では東欧なども)などの海外の子供をもらいます。私の友達にも、中国から養子をもらった人が何人もいます(一人っ子政策のため、中国では生みの親に育てられない子供、とくに女の子がたくさんいるので。)このエッセイの著者と彼の妻は、すでに一人の子供がいるのですが、もう一人子供を育てよう、その子供は海外から養子としてもらおうと決め、国際養子縁組で定評のあるキリスト教系の団体を通じてしばらく前から手続きを始めていた。ハイチには以前から個人的なかかわりがあったので、もらうならハイチの子供を、と思ってはいたものの、ハイチは役所組織がきわめて複雑(フランス統治の名残らしい)なのと法的・社会的インフラが整っていないのとで、国際養子縁組のための手続きには何年もかかるのが普通で、それを覚悟で待っていたところ、ハイチ大地震が起きた。人道的救助の一環として、通常であればきわめて煩雑な手続きが簡素化され、思いがけず早くに生後12ヶ月の女の子をアメリカに連れて来ることができた。もちろん、期待よりも早く家族が一人増えたことは言葉では言い表せないくらいの喜びであるが、大地震という悲劇で現地の人々が苦しんでいるなかで、自分たちがまるで恩恵を受けたような気持ちにもなり、一連の経緯にはとても複雑な思いがある。という話なのですが、第二次大戦後にアメリカで広まった国際養子縁組というもののさまざまな力学について、考えさせられる文章です。

貧しい国の孤児院で育つよりも、豊かな社会で子供をほしがっている家族に愛されて育ったほうが、子供にとっては幸せだ、という見方ももちろんできますが、そのいっぽうで、子ども自身には選択の余地が与えられないまま、人種も言葉も文化も違う場所で育てられ、自分の生来の土地や文化とのつながりを持てないまま大人になることが、本当に幸せと言えるのか、という批判もあります。実際にそうして養子としてアメリカで育てられた人が、思春期を迎えたり成人してから生まれ故郷を訪問し、その結果がけっして幸せなものとは言えない場合もありますし、養子として育てられたことに恨みを抱くようになる人もいます。また、国際関係としても、貧しい国から豊かな国へ子供が連れて行かれるのは、人身取引のような搾取であるとの見方もできます。そうした議論をじゅうぶん認識した上で、あえて血のつながりのない海外の子供を育てようという著者の文章に、中国からの養子を育てている私の友達の姿が重なり、深く考えさせられます。家族とはなにか、子育てとはなにか、親とはなにか、アイデンティティとはなにか、そうした問いに、親も子供も日々格闘しながら「家族」の暮らしを営んでいくのでしょう。

3 件のコメント:

tsuyoshi さんのコメント...

面白く読ませて頂きました これからも期待してます

依利 さんのコメント...

養子縁組とは少し違いますが、子どもから見た家族のあり方について、「アヒルの子」はいろんな問いをなげかけてくるものではないでしょうか。
http://line.2u2n.jp/document/

takuma さんのコメント...

養子縁組に関して同じような意見を持ち、今度
~要保護児童の現状と解決に向けて~ 講演会を開催することになりました。
在京であれば、御参加いただけましたら幸いです。すべての子どもたちに家族の団欒を
《野田聖子 衆議院議員・高倉正樹 読売新聞記者》
~要保護児童の現状と解決に向けて~
2010年10月30日(土) 慶應義塾大学三田キャンパス 
申し込みURL:http://keio150.jp/events/2010/20101030.html
講演会チラシ(PDF): http://web.sfc.keio.ac.jp/~s07641tt/2010fbj_flyer_fix.pdf