2011年3月29日火曜日

危機状況におけるアートの役割、そして花見

相変わらず頭脳を長時間使う作業には集中できないのですが、五月のアマチュア・クライバーン・コンクールに向けていよいよ猛練習をしなくてはいけないので、ここ数日は、一日数時間ピアノに向かっています。私が演奏の準備をしているのは、予選から本選まで入れると、全十曲。もちろん、予選であっけなく落ちる可能性も大なのですが、それでも一応本選までの曲もすべて練習しておかなくてはいけない。しかし、十曲を演奏レベルにもっていくというのは、かなり大変なことです。すでに一通りは弾ける曲しか演目に入れていないとはいえ、一曲につき一日30分練習するだけでも、全曲やるには一日五時間もかかる。当然ながら、毎日五時間も練習できるわけではないし、それよりなにより、一日30分の練習ではまるで不十分な曲もある。私は現在サバティカルなので、一日数時間練習できる日も結構ありますが、他の出場者たちは、フルタイムでバリバリと仕事をして家庭もある人たちがほとんどなのに、彼らはいったいどうやって練習したらそんなレベルの演奏ができるようになっているんだろうと、不思議でたまりません。コンクールで他の人たちに是非とも訊いてみなくっちゃ。

先日は、友達に誘われて、六本木ヒルズで開催されたART for LIFEという被災者支援イベントに行ってきました。計画されていた「六本木アートナイト2011」というイベントが震災の影響でキャンセルになったため、予定されていたシンポジウム内容の一部を変更して、参加アーティストの作品を販売し義援金とするチャリティイベントとして開催されたもの。森美術館館長の南條史生氏、文化庁長官の近藤誠一氏(私は地震以前に文化庁の催しにいろいろ顔を出していたので長官の姿はよく目にしてきましたが、こういう場にもちゃんと登場していらっしゃるのでなかなか感心しました)、文部科学副大臣の鈴木寛氏、現代美術家の椿昇氏、日比野克彦氏など、多様な顔ぶれの方たちが壇上にのぼり、震災という危機状況におけるアートやアーティストの役割、災害とアート、ウェブやツイッターなどのテクノロジーについての意見や観察を語っていました。突然の大震災があってほんの二週間で開催されたイベントでもあり、「今の状況におけるアートやアーティストの役割」については皆が現在進行形で悩み模索しているところでもあるので、練られ絞られた論点について考え抜かれたことが議論されるというよりは、聴衆とともに悩み模索する、という感じではありましたが(ただし、会場が混雑していて何時間も立ちっぱなしだったので、あまりにも疲れて、私たちは途中で退出してしまったので、後半のディスカッションは聞いていません、あしからず)、そういう場を設けるということだけでもじゅうぶんに意義はあったと思います。

ただ、こうした状況でのアートの役割、というときに、ともすると、「人々の心を癒す」という点に話が収束されがちなのがちょっと気になります。もちろん、人々の心を癒したり、あるいは人々に元気や希望を与える音楽や絵画や演劇はたくさんあるし、極限状態にある人がそうしたものに文字通り命を救われることもあるのは否定しません。被災地の人たちがラジオから流れる音楽にとても慰められ勇気づけられている、という話もあちこちで目にします。それはもちろん素晴らしいことで、アートにはそうした役割を果たし続けてほしいと思いますが、それと同時に、芸術というのは、必ずしも人々を慰めたり癒したりすることが第一の目的ではないはずだし、万人の目や耳にやさしい、美しい作品が必ずしも一流の芸術ではないはず。芸術というのは、それぞれのアーティストが捉えた世界を、それぞれの形で突きつめ、表現し、その過程で、聴衆に対して疑問や宣言や語りを投げかけるものだろうと思います。それが、鎮魂や慰めである場合もあるし、怒りや挑戦である場合もあり、聴衆は慰められるどころか、困惑したり興奮したりすることもある。そうした表象活動は、今困っている人をすぐに助けられるものではないけれども、アーティストだからこそできることというのは、まさにそこにあるはず。なので、苦しくても辛くても、また自分がなんの役にも立たないような気持ちになっても、芸術家の人たちには芸術活動そのものに今こそ向き合ってほしいと思います。(と、エラそうに言いながら、自分はやりかけた執筆活動が精神的に辛すぎて中断したまま。)

ところで、被災者に配慮してお花見は自粛すべき、という指示(?)が一部からあるようですが、私はこの意見には賛成しません。桜を観ながら飲み騒ぐのは不謹慎、ということなのでしょうが、人が花を愛でる、とくに仲間と一緒に花のもとで時を過ごすという行為には、浮かれ騒ぐという以外にもたくさんの意味があるはず。とくに、日本で桜には歴史的にいろいろな意味が込められてきた(ちなみに、直接震災とは関係ないですが、軍国主義における桜のシンボリズムを分析した大貫恵美子『ねじ曲げられた桜―美意識と軍国主義』はたいへん興味深いです)のであって、戦後最大の危機に直面する日本の人々が、桜を観ながら語り合う(あるいは沈黙し合う)のは、とても深い意味のあることなんじゃないかと思いますし、それは、変なナショナリズムに流れる必要もない(もちろん、この震災のなかから、間違った形のナショナリズムが生まれてくるという可能性はあるでしょうが)。節電のため照明はなくすというのは理解できますが、人々が桜の下に集まることまでやめろというのは納得がいかない。人々が花見をしないことで被災地の人になにかプラスになることがあるわけでもなし、むしろ、自然は地震や津波ももたらすけれども美しい桜の花も咲かせるということ、長く辛い冬の後には必ず春がやってくるということを感じ、花を愛でることの幸せを人々と共有することは、今の日本の人々には大事なんじゃないかなあ...

5 件のコメント:

info さんのコメント...

こういう事態において求められるアートの役割が“癒し”に収束しがちな面についてのお考えに、深く深く共感いたしました。
自分も詩人なのですが、芸術に対して求められるものがひどく限定され、それから外れることがあたかも不謹慎だと断定されかねないような空気を、少なからず感じております。
お考え拝読できて大変嬉しく思います。

Kazuyuki さんのコメント...

こんにちは。大村と申します。
私も今回初めて参加いたします。
バッハ=ブゾーニのシャコンヌは私もベルマンのライブ録音を聴いてから気に入っています。
現地でお話しできると良いですね。
ちなみに私はショパンのポロネーズの五番を出しました。
ところで、私はアメリカは出張で車がないと生活できないところしか行ったことないのですがフォートワースのこの会場の近辺はやはりレンタカーは必要なんでしょうかね?

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

大村さま
コメントありがとうございます。参加者のかたと事前につながって嬉しいです。フォートワースでお目にかかること、また、演奏を聴かせていただくことを、とても楽しみにしております。
私は2009年の「本物」クライバーン・コンクール取材のときにほぼ一ヶ月フォートワースに滞在しましたが、やはりレンタカーがないと移動手段はなきに等しい土地です。ダウンタウンからTCUに行くにも車が必要ですが、それはもしかしたらコンクール事務局がシャトルバスかなにかを出してくれるのかもしれません。コンクール期間中、TCUのキャンパス内に宿泊なさるのなら車はいらないでしょうが、それでも、アメリカの大学の食事を一週間食べ続けるのは厳しいでしょうから、食事に出かけたり観光に行ったりするには、やはり車が必要だと思います。ただ、フォートワースではなぜかレンタカーが結構高くて、私は2009年の一ヶ月、レンタカー代だけで千ドル近くもかかってしまいました。

Kazuyuki さんのコメント...

吉原様

ありがとうございます。レンタカー高いんですね。アメリカに出張に来ると会社のお世辞にもおいしいとは言えないカフェの食事でも一週間平気だったので大丈夫だとは思いますがレンタカーはあった方が良さそうですね。
現地でお会いするのを楽しみに精進しようと思います。
ちなみに私は火曜日にPreliminary roundに出場ということみたいです。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

レンタカーは、空港で借りるよりもダウンタウン近辺で借りたほうが安いみたいです。
ちなみに、ダウンタウンには結構おいしいレストランがあります。
私の予選の演奏は水曜日の夜と、一番最後に近いほうになりました。アルファベット順なのかもしれません。さっさと自分の出番を終えて、ゆっくり他の人の演奏を楽しみたいと思っていたのですが、仕方ありません...