2012年2月14日火曜日

アメリカの「恋愛」にまつわる三冊

日本と違ってアメリカではバレンタインデーは基本的に男性が女性に花束やプレゼントを贈るのが習慣ですが、恋心を表現する日であることは同じ。バレンタインデーにちなんで、アメリカの「恋愛」にまつわる三冊の本をご紹介します。これは、しばらく前に日本のある雑誌に頼まれて選んだものですが、急な依頼を受けて締め切りに間に合わせるためせっせと書いて(与えられたあまりにも字数が少ないので、書くことよりも字数を削ることに何倍もの時間がかかった)送信したにもかかわらず、その後掲載されたのかどうなのかとんと連絡がなく、失礼千万(初めから執筆料はなしということで了解していましたが、せめて掲載誌とお礼のメッセージくらい送ってくれてもよし、掲載されなかったのならその説明くらいあってもよし!)。で、せっかく時間を費やしたのが自分のコンピューターにだけ残っているのももったいないので、ここで紹介しておきます。過去の投稿で言及したものもありますが、ご了承ください。

From Front Porch to Back Seat: Courtship in Twentieth-Century America
20世紀半ばに大きく変化をとげたアメリカの男女交際の社会史。 男女交際の舞台が家庭から映画やレストランなどお金を介する公の場に移動することで、男女の力関係や若者文化、性や結婚観にどのような変化をもたらしたかを分析する、鋭く楽しい研究。

2000年時点で、結婚相手を探す アメリカの男性とフィリピンや中国の女性を結ぶネットの仲介サービスは350以上。ネット文通から結婚に至る男女の恋愛・結婚観や、人種や性をめぐるグローバルな力関係を分析した、ネット上の斬新なフィールドワーク。

現代アメリカの大学生は、「デート」で恋愛を育み性的関係になるのではなく、 hooking upと呼ばれるカジュアルな性的交渉を繰り返すのが一般的といわれるが、果たしてその実情は。大学生とのインタビューに基づいたアメリカ若者性文化のルポ。



0 件のコメント: