2008年12月13日土曜日

DatingからHooking Upへ

今日のニューヨーク・タイムズに、「デーティングの終焉(The Demise of Dating)」という論説(?)が載っています。『ドット・コム・ラヴァーズ』や『新潮45』11月号でdateという単語のややこしさを、『新潮45』12月号190頁ではhook upという表現の用法を説明しましたが、まさにそれらの表現の実例です。『新潮45』の連載は、なんて実用的なんでしょう!:)

調査によると、今のアメリカの若者(ここで引用されている調査の対象となっている「若者」は高校3年生)の多くは、もうdateなんかはせず、むしろなんのコミットメントもないカジュアルなセックスをするhook upを楽しむことが主流だとか。一昔前までの男女は、何回か「デート」を重ねてから(この用法での「デート」とは日本語と同じ名詞の「デート」)性的関係に進むかどうか決めていたのに対し、今の若者は、まず何回かhook upをしてから、その相手と「デート」に行きたいかどうか決めるんだそうです。これらの若者は、カジュアルにセックスをするからといって、誰それ構わずやたらとセックスをしまくっているかというと、そういうことではなく、むしろ彼らがセックスをする頻度は少し前の同年代の若者より低く、また、セックスをする相手はたいてい学校の友達などだとのことです。一対一の「デート」(この用法では、名詞の「デート」と動詞の「デート」の両方の意味が含まれています)にしばられるよりも、大勢の友達仲間で交際を楽しむことを今の若者は重視する。そしてそのほうが、「デート」にありつけない人が周りに馬鹿にされたりのけ者にされたりすることが少ない。とのことです。とはいっても、このhook up文化がいいことばかりかというとそんなことはもちろんなく、セックスを重ねるにつれて、女性のほうはより長期的な交際を求めるようになるのに対して、男性はよりフリーな状態を続けたいと思う傾向があり、女性のほうがhook upに飽きてしまうというケースは多いそうです。また、hook upにはアルコールが絡んでいる場合が多いので、性的暴力などの事件も少なくない、とのことです。

それとはまったく無関係ですが、ハワイの現代史においてもっとも重要な人物の一人であるといえる女性、Ah Quon McElrathが亡くなりました。享年92歳。1915年にハワイで中国移民の両親のもとに生まれた彼女は、13歳のときからパイナップル缶詰工場で働き始め、ハワイ大学で社会学と人類学を専攻しました。1930年代に、ハワイのInternational Longshore and Warehouse Union (ILWU)すなわち港湾労働組合の組織化に中心的な役割を果たし、1950年代からは組合のソーシャルワーカーとして、労働者たちに健康保険や年金などについての説明をしたり、日々の生活の手伝いをしたりという仕事をするようになりました。1950年代からのハワイでは、ILWUなどの労働組合が非常に重要な役割を果たしましたが、その運動の鍵となった人物のひとりです。1981年にILWUからは退職したものの、彼女は生涯を通して労働運動をはじめとする各種の社会運動にたいへんなエネルギーをもって参加し、ハワイの労働者や活動家たちのインスピレーションとなってきました。同時に彼女は、音楽や芸術もこよなく愛し、ホノルル・シンフォニーのコンサートには欠かさず通い、シンフォニーの労使争議や財政難にあたっては、音楽家たちのパワフルな味方として支援活動をしました。亡くなる数日前に、親しい友達が家を訪ねていったときには、芸術団体やさまざまなチャリティー団体への募金を入れた28の封筒を彼女に渡して、投函してくれるように頼んだそうです。私も、Ah Quonとは数年前に、労働組合関係の対談のようなもので会ったことがあります。年齢が半分以下の私よりずっとエネルギーがあり、見事な分析力と明晰な言葉で話をすると同時に、どんな人にも温かい優しさをもって接する人でした。彼女についての今日のホノルル・アドヴァタイザーの記事は、こちらをどうぞ。

3 件のコメント:

bun さんのコメント...

こんばんは。

今日は新潮45の連載すべてと「ドット・コム・ラバーズ」を拝読しました。声がポイントとのこと、私は大学の混声合唱団でバリトンをしていましたし、movie trailerのlow and raspy voiceの物まねが得意な、森山周一郎ボイスの持ち主なのですが、これをお聞かせできないのがとても残念です(笑)。また文学に関する興味は・・・たとえば柴田元幸先生に会いに東京に出向き、先生と内田樹先生との対談の後で、レアード・ハントの「インディアナ・インディアナ」にサインをいただいて、それを家宝にしておりますし、私が吉原真里を知らないという理由で彼女と別れる日も近いことでしょう。

新潮45の連載で面白いと思った箇所はーたくさんありましたけどーずっと自分個人の価値判断を押し付けないよう丁寧に留意して書いておられるのに、2月号でしたか「女がmake a moveしたのに男が「じゃあ」といって帰るのは相当失礼だ」という部分だけ、大袈裟ながら急に強く全世界の常識のように断言しておられるように読めまして、ここで一番笑ってしまいました(笑)。この失礼は吉原先生に鉄板なんだな、と(笑)。私も、過去にそうした失礼を、悪戯心で故意にしらばっくれて相手の反応楽しんだりして(笑)怒られたことがありまして。

「ラバーズ」は、読んでからこちらにお邪魔すべきだったなと反省しきりであります。(あ、俺、「いいですねハワイ」って書いちまってる・・・先生不快だったんだ)とか。失礼しました。

最初のうちは何だか恋愛関係の肝心な部分だけ書かないで、淡々ときっかけ終わりを綴っておられるように思えまして(うーん、何だか個々の具体的な○○の戦の記述に深入りしない、高校の歴史の教科書の戦争の記述みたいだなあ、あっさりしてるなあ)と思いましたが、最終章で、そうした印象は全て吹き飛びまして、胸を打たれました。

しかしいつもいつも長文のコメントでごめんなさい。まさかストーカーだなんて思わないでしょうね?25個ほどコメントしたら失礼しますからもうしばらくご辛抱。いひひひひ。(もちろん冗談です。薄気味悪い冗談でごめんなさい(笑))。

なお私は仕事でマッサージをしていたのでプライベートでそれを武器にするのにはためらいを感じます(笑)。え、何?勝手にしろ?そうですよね(笑)。

私先生にひとつ伺いたいことがございまして、気が向いたらということで構いませんので是非ご教唆いただきたいのですが、SATCに出てきてcarrieを震え上がらせた、「ミチコカクタニ」なる日本人文芸評論家についてどんな印象をお持ちでしょうか。この方のお父様が経済学では有名な定理を発見された数学者であることもあり、とても興味があるのですが。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

そもそも『ドット・コム・ラヴァーズ』をお読みになってこちらのブログにいらしたのかと思っていました(このブログの読者はたいていそうだと思うので)ので、今回初めて『ドット・コム・ラヴァーズ』をお読みになったというのは正直驚きました。(ではどうやってこのブログを発見なさったのでしょう?)とにもかくにも、熱心に読んでいただけて嬉しいです。
Michiko Kakutaniの評の内容自体にはいつもは賛成しませんが、パンチの効いた批評と読者を引き込む語り口で、書評そのものを読み物として楽しめるジャンルにしていることは立派だなあと思います。人物についてはなにも知りません。日本の書評は、一般読者向けの媒体でも学術誌でも、基本的に褒めたものしかないし、分析的な要素が少なくて、本の紹介という以外にはあまり面白くないというのが私の印象です。某学術誌に頼まれて小谷野敦氏の『聖母のいない国』の書評を私が正直に思うところを書いたらなんだか大騒ぎになってしまった、という一件もありました。

bun さんのコメント...

早速のお返事、ありがとうございました。とても感激しております。新潮45の”the One”の説明で先生がSATCをご覧になっていることを知り、私も数年来、Michiko Kakutaniを実際に読まれた方の評が聞きたいと思っていたものですから。

アメリカ人の友人に、いわゆる月9のフジテレビのものその他日本のいわゆる「トレンディドラマ」の評を聞くと、「食事のシーンばかりでつまらない」とよく言われるのですが(サザエさんやちびまるこちゃんについても「なんで家族で飯食ってるところばかりなんだ?」とよく聞かれます)、食事のシーンばかりではつまらないという割に、SATCって本当に食事のシーンが多いですよね。私は大袈裟にいうと大変なパラダイムチェンジだと思ったのでした(笑)。それにドラマの中でMichiko Kakutani の話やら寿司の話やら枝豆/オクラの話や、映画ではsamanthaの女体盛りやら、日本のものがしばしば登場しますので、私は「SATCは食事シーンの扱いなどで、日本のトレンディドラマの影響を受けているに違いない」という仮説(妄想?)をもっておりまして、SATCの成功でこれからアメリカのドラマの作りがどうなっていくのか注目しております。”Cashmere Mafia”はストライキと重なって5話で止まってしまい残念でした。

「現代アメリカのキーワード」でSATCの欄を見まして、ここで紹介している「SATCのキュートな欲望」を買って拝読しましたが、よくわかりませんでした。自分の無知は棚にあげて、ということですが、訳はこれでよかったのでしょうか?と思っています。

こちらのブログには、小飼弾さんのブログのコメント欄のリンクからお邪魔しました。そのときは、あ、「大学院」の吉原真里さんだ!と思いまして。鈍いことで恐縮です。私は2004年の9月からブログを始めているのですが、私はその頃時事問題について、ブロガー同士が意見を寄せる「週刊!木村剛」というブログで、小飼さんを知りまして、場の空気に流されずに鋭い評を書かれる方だと思い、しばしばお邪魔しております。確かに氏と同じコンピュータ関連の仕事はしていますが、仕事で氏とご一緒したことはありません。私のする仕事は主に工場の機械の制御が目的で、コンピュータが人と人とのコミュニケーションツールではなく、インターネットに絡まないのです。

日本の書評に関するご意見ごもっともで賛成です。つまらないですね。作家をダメにする褒め批評というのもあるでしょうに。早速小谷野氏のサイトなどでインターネットで読めるもののみ拝読しましたが、先生の圧勝でした(笑)。批判を受けた人が毅然と率直に批判に応えればいいだけなのに、知人とかを巻き込んで「騒ぎ」になってしてしまうだけで、紛糾ばかりしますが議論にはならないですね。日本は。文学とは関係のない、仕事における議論でも、痛感しますよ。誰と誰が仲が良くて誰と誰が悪いかとかを考えて、根回しつきで政治的に受け入れられやすい批判をしないと、無視されるか変な騒ぎ方をされるだけでして。いくら生産的で的を得た批評でも、言われた側が気に入らなければ、感情的な騒ぎにして、「おい、気い悪くなったどうしてくれる」、です。good looserがいません。往生際が悪いしみっともないし「それは気がつきませんでした」と書いた方がよほどカッコいいと思うのですが、なぜそんなに知らなかったこと謝るのに勇気がいるのでしょうかね(笑)。

私はお姉ちゃんと遊んでばかりでほとんど授業に出ず英語の亀井先生やフランス語の石井先生には当然単位をいただけませんで進学振り分けが大きな問題とならない文2の癖に(今はなき)「黒マジ」(しかも謀ってか否かやたらにtransparentな)を食らったどアホでございます(笑)し、既に過分のお言葉に恐縮至極でおります。韻文ならおりますが散文の仕事をしている知人友人もおりませんので、無視していただいても何のたたりもございません、ご迷惑にならぬことを祈っているばかりです。