2008年12月1日月曜日

オンライン・デーティング・コーチ

夕暮れ時にジョギングに行くために車を運転していたら(ジョギングに行くのに車で行く、というのもなんですが、うちの周りはあまりジョギングに適さないので、車でアラモアナ公園という海辺の公園まで行って、その公園のなかを30分くらい走り、また車で戻ってくるのです)、ナショナル・パブリック・ラジオ『現代アメリカのキーワード』231-235頁参照)でオンライン・デーティングについてのコーナーが始まったので、聞き終わるまで駐車場でしばらく座ったままになってしまいました。(ナショナル・パブリック・ラジオを聞いていると、よくそういうことがあります。)それによると(ナショナル・パブリック・ラジオの番組は、内容も文章もとても良質なので、英語のヒアリングの勉強によいと思います。サイトに行ってListen Nowをクリックすれば聞けますので、よかったら聞いてみてください)、オンライン・デーティングのコーチというものを職業にしている人がいるらしいです。異性の関心をひくためにはプロフィールにどんなことを書くのがよいか、プロフィールを読んでいる人にはどんな決まり文句が陳腐に思えるか、どんな写真はどんなタイプの人の関心をひくか、といったことまで、オンライン・デーティングの指導をするんだそうです。聞いてみると、アドバイスの内容は、私が『ドット・コム・ラヴァーズ』や『新潮45』で書いていることととくに変わらないので、私もサイドビジネスとして、このコーチをやったら、株価が下がって減ってしまった403b(公務員用の401k)のぶんくらいは取り戻せるだろうと、強く思いました。それにしても、オンライン・デーティングは普及とともにますますマーケットの特化が進んでいるらしく、ベジタリアンのためのデーティング・サイトとか、億万長者のためのサイトとか、農業に従事する人のためのサイトとかがあるらしいです。ふーむ。

今月18日発売の『新潮45』では、「恋愛単語で知るアメリカ オンライン編」として、オンライン・デーティングで頻出する単語や表現について解説しますので、どうぞお楽しみに。

1 件のコメント:

bun さんのコメント...

こんにちは。「恋愛単語」の連載面白そうですね。私はSATCが好きなのですが(DVDを全て買い揃えて5回通り以上見てます)私がこのドラマで興味を引かれた単語は"ex""line""judgemental""fabulous""lame"でした。連載で説明されているでしょうか?必ずや拝読したいと思います。やはり特にサマンサの台詞が面白いですね。"men cheat for the same reason as dogs lick their balls. because they can. it's a part of biology. instead of wasting all of us energy or time condemning it, maybe it's time we should get in line with the reality of the situation"なんて台詞を言っていたと思いますが、男としてスタンディングオベーションですよ(笑)。暗記してしまいました(笑)。

SATCではミランダがオンライン・デーティングをしてますね。貴女のお仕事になにがしかの影響を与えましたでしょうか。弁護士というと引かれるのでスッチーということにしてますが(笑)。