2009年3月26日木曜日

ニューヨークより

今週は大学が春休みなので、ニューヨークに来ています。友達と会って、チャイナタウンの小龍包を食べに行ったり、『セックス・アンド・ザ・シティ』の映画にも出てきたお洒落なレストランに行ったり、ブルックリンにお昼を食べにいったり、SOHOで買い物したり、20年ぶりに会う高校時代の同級生においしい食事をご馳走してもらったりして、とても楽しく過ごしています。少しは仕事もしないといけないので、明日はニューヨーク公立図書館の一部であるNew York Public Library for the Performing Artsという実に素晴らしい図書館にリサーチに行く予定ですが、基本的には遊び中心の一週間です。

それにしてもニューヨークというのは私にとっては本当に天国のような街で、実際に住んでいたのは一年強にもかかわらず、来るたびにとてもホッとする気持ちになります。二十年間育った東京についてそう思うのは当然としても、なぜ自分がここまでニューヨークに愛着を感じるのか、自分でも不思議なくらいですが、たぶんその大きな理由は、ニューヨークにはあまりにもいろんな種類の人たちがいるので、自分がどういうタイプの人間であろうと、周りと合わなくて居心地の悪い思いをすることがない、ということだと思います。人間の種類というのは、もちろん人種や民族もそうですが、それに加えて、社会階層、職業タイプ、お洒落度、興味の対象、生活スタイルなどにおいて、世の中には実に幅広い種類があるものなんだということを、地下鉄やバスに乗っている人たちを見回しただけでもしみじみ感じます。そういうまったく違うタイプの人間たちが、ごく普通に隣り合わせになって空間と時間を共有している、その様子は、圧倒されて目が回りそうでもあると同時に、ある種の開放感も与えてくれます。

『ドット・コム・ラヴァーズ』にも書きましたが、これはやはり、ニューヨークという街で、地下鉄やバスという公共交通機関の果たす役割が大きいと思います。アメリカのほとんどの街には地下鉄は存在しないし、バスは低所得者層の人々しか乗らないことが多いのに対して、ニューヨークでは皆が普通に地下鉄やバスを使い、自分の仕事や社交生活においては一緒にならない種類の人たちとも空間を共にする、というのは、かなり意味のあることだと思います。そうした意味でニューヨークの地下鉄は素晴らしいと思いますが、それと同時に、ニューヨークの地下鉄に乗るたびに、日本の電車の仕組み(?)との違いに呆れもします。時刻表というものがなく、次の電車がいったいいつくるのかさっぱりわからない。通勤時間だというのに、待てど暮らせど全然電車がやってこないこともしょっちゅう。それも、ニューヨーカーのようにものうるさい人たちが、さほど文句も言わずにじっと立って待っている。また、なんの説明もないまま(あるいは説明があっても、「サタデー・ナイト・ライヴ」の古典的なネタにもなったように、車内のアナウンスが騒音でまるで聞き取れないので意味をなさない)、各駅停車であるはずの電車が突然快速になって自分が降りるべき駅を飛ばしてずっと先まで行ってしまったりする。なんだか訳もわからず普段と違うホームに停車したりもする。よくもまあこれだけの大都市の地下鉄が、こんなに不可解な仕組みのまま成り立っているなあと感心するくらいですが、世界的な視点で考えたら、一分と遅れない日本の電車のほうが異常なのかもしれません。

ニューヨークにいるととても遠く感じられるハワイでは、例のシヴィル・ユニオン法案が、今期はどうやら法案化せずに終わるようです。州上院の委員会で三対三の票でわれたまま、その後の処理について議論されていましたが、委員会をバイパスして上院全体の投票にかけるという案が、昨日の上院全体会議で否決になりました。これは、シヴィル・ユニオン法案そのものへの支持や反対を表す票ではなく、手続きについての票なのですが(上院議員の過半数はシヴィル・ユニオン支持を表明しています)、当然ながら、これまでこの法案にむけて懸命に活動してきた人々には、大きな落胆です。しかし、映画『ミルク』からもわかるように、こうした活動は、だめでもあきらめず、忍耐強く連帯の輪をひろげ支持者層を拡大しながら、しつこく何度も何度も活動していくことによって実現していくので、今回の運動で学んだことを参考にして、また来期への活動に向けて準備開始です。

3 件のコメント:

bun さんのコメント...

こんにちは。

今日は「文化の受容と変貌」第七章アメリカを抱きしめて-吉田ルイ子と桐島洋子の「アメリカ」-を拝読しました。私はなぜ先生が「ドット・コム・ラバーズ」を書かれたのかその動機がよくわからず、SATCなどの影響を受けられて、ということかと思っていましたが、こちらの文章を拝読して、どうやらそれはひどい誤解だと思い至りました。「決して個人的な経験や観察にとどまらず、文化接触・ジェンダー・改装・人種についての社会史」(p169)たる新たな体験記をつづろうという動機も、まえがきでは語られなかった数ある動機のひとつとして、きっとお持ちだったのだろう、と。

男だからということもあってでしょう、私はいまだかつて「日本人女性による体験記や評論の類」(p153)を切実な思いで読もうとしたことはありませんで、ここで紹介されている吉田ルイ子氏も桐島洋子氏も読んだことはありませんでした。犬養道子さんのものだけはたまたまほとんどの著作を読みこんでいましたが、性別に関わる問題意識は全くなく、理想主義的な人生がどのようなものか知りたいという興味で、同時にトルストイの人生論などと併せて、読んだものでした。しかしこれからは、自分がもし女性として生まれていたならば、どこで、誰と、どう生きるかを、所詮バーチャルでということになってしまうでしょうが、上記2氏の作品も拝読しながら、真剣に考えてみようと思いました。

ひとつだけ、吉田ルイ子氏を、貴女の引用でですが拝読して驚いたのは、左翼活動家のご主人が、禁句を叫んだのに、ショックを受けるくだりでした。私は(えーそりゃあそういう人はそういうもんでしょうよ)と、しらけた、といいますか、むしろこうした理想主義的な活動家こそ、いざ自らの極めて切実な利害にかかわると、手のひらを返したように簡単にそれまでの理想を捨てて、反動的になるものではないでしょうか。こんな風に思えるのは吉田氏の時代よりもはるかに相互理解の進んだ今だからこそ、かもしれませんが、常識の類ではないかと思っています。きっと映画"MANDERLAY"の主人公、グレースの男版ような旦那様だったのではないでしょうか。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

「えーそりゃあそういう人はそういうもんでしょうよ」「むしろこうした理想主義的な活動家こそ、いざ自らの極めて切実な利害にかかわると、手のひらを返したように簡単にそれまでの理想を捨てて、反動的になるものではないでしょうか」というのは、投げやりな考え方であると同時に、不正確な歴史認識でもあると思います。もちろん、さまざまな革新運動に携わるなかで幻滅し反動的になる人もいますが、吉田ルイ子さんが描いた公民権運動時代のアメリカでは、比較的裕福な環境で育った白人の若者の非常に多くが、私益を投げ打ち、危険な状況に身を挺して(実際に殺されたり暴力にあったりした人もたくさんいました)南部での運動に関わりました。また、公民権運動から派生して生まれた女性運動でも、Personal Is Politicalというスローガンのもと、自らの私生活や人間関係の大小のことごとを根本的に見つめ直し、自身の固定観念や偏見を問い直す、という作業を重ねることで、まず意識の変換、そして社会の変革をしていったわけです。根源的な意識の変換というのはもちろんそう簡単にできるものではありませんが、60年代の運動家たちに限らず、社会運動に携わる人たちは皆その可能性を純粋に信じていますし(私の周りにいる人たちは皆そうです)、またそうでなければ社会運動に携わることなどできないと思います。公民権運動もブラック・パワー期に入るとその様相がずいぶん変わりましたし、女性運動においても人種や階層、セクシュアリティなどの境界は難しい課題となって残っていますが、それでも、意識の変革という点においてこれらの運動が果たした役割はとても大きいです。

bun さんのコメント...

おはようございます。

そうでしたか。私がそうしたみなさんのことについて全く無知であるだけのことなのですね。

しばらくは眉唾で接する癖がすっかりついてしまってなかなか治りそうにないですがご教唆いただいたおかげで将来知り合う人々のうち何人かを不必要に傷つけずに済んだ気がします。ありがとうございます。