2009年4月5日日曜日

『トウキョウソナタ』

ホノルル映画祭で『トウキョウソナタ』を上映しているので観てきました。不況期の東京の世相をとてもリアリティをもって描いていると思いました。日本のニュースはネットで目を通していますが、最近は本当に悲しいニュースが多いなあと思うものの、日本に住んでいないので経済状況が日常生活にどんなふうな影響をもたらしているのかは間接的にしかわからず、その点で、勉強になるといったらちょっと変ですが、とても実感の湧く映画でした。また、登場人物はみな、それぞれの形で誠意と優しさをもって精一杯生きていながら、そのエネルギーや感情をなかなかいい方向に向けられず、周りの人たちや社会と歯車の合わないことになってしまう、その哀しさと愛おしさをよく伝えているとも思いました。暗く哀しいばかりでなく、そうした状況のなかでの人間の行動の滑稽さも人の優しさも伝わってきます。また、『歩いても歩いても』なんかに通じる、家族の関係がいろんな意味でとても日本的だと思いました。(アメリカ人にはなかなかわかりにくいんじゃないかと思います。)また、出てくる風景に強烈な懐かしさを感じるなー、こういう風景こそが私にとっての東京の風景だよなーと思いながら見ていましたが、駒場東大前の住宅街の実在の家がロケ地だそうなので、なるほど納得。

また、私の関心に沿っていえば、『おくりびと』にしても『トウキョウソナタ』にしても、話のなかでクラシック音楽が周縁的でありながら重要な役割を果たしているのがとても興味深いです。『おくりびと』の主人公がチェロ奏者である必然はなにか。『トウキョウソナタ』でピアノが象徴するものはなにか。(「ピアノの先生」というイメージは、現代でもああいう感じなのか、という点も面白かったです。)面白い。

2 件のコメント:

shosukeman さんのコメント...

北海道在住の大学院生です。吉原さんのこの記事を読んでいるたところ、ちょうど「おくりびと」のテーマ曲がitunesから流れてきたので何かの縁かと思いコメントさせて頂きます。ご存知かもしれませんが、「なぜ、チェロか?」ということについて、糸井重里、中沢新一、本木雅広が「ほぼ日」というHPで語っています。チェロの選択はあくまで偶然だが、しかし偶然にも「女体」と「幼児性」を象徴していると:http://www.1101.com/okuribito/index.html. 第8回、第9回がチェロの話しです。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

HPを教えていただいてありがとうございます。読んでみましたが、正直言って、わかったようなわからないようなやりとりだと思いました。『おくりびと』についての投稿にも書きましたが、私はあの話でなぜもっと主人公が妻に考えや気持ちを伝える努力をしないのかが理解できませんでした。また、妻がいくらなんでも知的にも情感的にも深みがない(糸井氏たちの会話にそって言えば、「幼児性」を象徴する)人物像なのが不満でした。ついでに言えば、プロのチェロ奏者になるためには、幼少の頃から人生のすべてを音楽にかけていなければ普通は無理ですから、事情がなんであれ大人になってから急にその道を断念するのには、一般の人にはなかなか理解できないような苦悩があるはずです(クラシック音楽の研究の過程で、私はそういう選択をした人たちを何人も見てきました)。そのへんの苦悩と、納棺師という仕事によってどのようにその苦悩がいやされるのかといったことが、もうちょっと描かれていたらよかったのになと思いました。などと書くと、文句たらたらのようですが、全体としてはとてもいい映画で、友達にもすすめています。