2009年4月30日木曜日

Arlen Specter共和党を離党・アメリカ詩人、口永良部島で行方不明

オバマ政権発足から100日が経ち、初めの100日間でこれだけの成果を挙げた大統領は前代未聞だという人、オバマ氏が保守と妥協をしすぎであると批判する人などいろいろですが、そんなさなかに、ペンシルヴァニア州のArlen Specter上院議員が共和党を離党して民主党に移ると発表したことが、アメリカ政治ではここ数日間で最大の話題のひとつです。秋の選挙以来いまだに法的な闘いが続いているミネソタ州のAl Franken氏がこの夏に法廷で勝利を収めれば、民主党は上院で60票を確保することになり、共和党がフィリバスター(『現代アメリカのキーワード 』86−88頁参照)によって法案通過を阻止しようとしても、それをやめさせることができることになります。現在79歳のスペクター氏は、中絶の権利やES細胞研究を支持し、同性婚を禁じるための憲法修正に反対するなど、共和党のラインから独立した立場をとることが多く、穏健派の共和党員であったものの、イラク戦争や、ブッシュ大統領の任命した最高裁判事を支持するなど、民主党と相容れない立場も多くとっているため、今後民主党のなかで彼がどのような位置づけになるのかは不明です。しかし、オバマ大統領はスペクター氏の民主党入りを歓迎して、今後の選挙で彼の支援をすると発表しています。共和党の議員は、スペクター氏の決断は当然ながら冷ややかな目でとらえていますが、スペクター氏のような穏健派を党の重要な一部とし、有権者のなかの女性やヒスパニックなどの層を支持基盤にとりいれられなければ、共和党に未来はない、という旨の警告をする共和党員もいます。

ところで、まるで関係ないですが、Craig Arnoldというアメリカの詩人が、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶしま)という、屋久島の近くにある小さな島で、4日前から行方不明になっています。彼は、普段はワイオミング大学で教えている詩人で、日米友好基金のフェローシップで来日中。しばらく前から火山に興味をもち、世界各地の火山をまわり本を執筆中で、口永良部島を訪れたのも火山を見に行くためでした。日本時間27日に屋久島からのフェリーで島に到着し、宿に荷物を置いてすぐに火山に出かけたまま、夜になっても宿に戻らなかったため、宿の人が地元の消防隊に連絡をして捜査が開始されましたが、3日間経ってもまだ発見されていません。地元の警察や消防隊だけでは人員が限られているため、鹿児島県警や自衛隊、沖縄駐留の米軍などを動員してより大規模な捜査がなされればいいのですが、現在はアメリカ領事館および鹿児島圏のレベルでそのプロセスが止まっているとのことです。本来ならば地元の警察による捜査は3日間で打ち切られるところを、あと3日間捜査が延長されたそうですが、より大規模な捜査が動員されるには、政治的プレッシャーやメディアにとりあげられることが必要かもしれません。私は人づてにこの事件について知ったのですが、さっとネット検索するかぎりでは、日本ではこの件は話題になっていないようです。もし、なんらかの形で捜査の手助けになるような情報やコネクションをもっているかたがいたら、このブログを通じて連絡をお願いします。

2 件のコメント:

Jim the Hamster さんのコメント...

こんにちは、ワイオミング大学に通っている学生です。
Arnold教授との直接の面識はなく、捜索の手助けになるコネクションもありませんが、とても心配です。

blc5 さんのコメント...

私のいくつかのブログで取り上げました。

捜索をさらに延長するようにする必要がありますね。

SNSなどにも働きかけています。
米人詩人が口永良部島新岳で遭難|蛙の目
http://ameblo.jp/blc/entry-10253014097.html