2009年4月18日土曜日

Road to Guantanamo

『新潮45』5月号が発売になりました。私の連載「恋愛単語で知るアメリカ」はこの号で締めくくりです。最終回にはそれにふさわしく(?)「自分の感情と向き合う」と題して、アメリカのミドル・クラスの主流文化の一部であるセラピー用語に焦点を絞りました。どうぞ読んでみてください。連載というものを担当したのはこれが最初でしたが、なかなか楽しい仕事でした。

研究助成金応募のための企画書を書かなくてはいけないのですが、それに向かうのが嫌で、代わりにRoad to GuantanamoというドキュメンタリーをDVDで観ました。英国国籍のイスラム系の3人の青年がパキスタンに里帰りしたついでに、アフガニスタンの情勢を見に行ってみようと国境を越えるのですが、アフガニスタン滞在中に爆撃の混乱に巻き込まれ、なにが起こっているのかもわからないまま、彼らはアルカイダの一員との容疑をかけられ北軍に捕らえられ、はるばるキューバのグアンタナモの米軍刑務所に連れていかれ、正式な嫌疑はなにもないまま二年間にわたって非人道的な拷問を受けたのち釈放される、という実際に起こった事件を再現したものです。グアンタナモやアブ・グレーブ刑務所(ともに『現代アメリカのキーワード 』参照)についてのニュースはアメリカにいるとよく入ってくるものの、実際の人たちの具体的な経緯をこうして見ると、本当に背筋が寒くなる思いがします。オバマ大統領は1年以内にグアンタナモ刑務所を閉鎖するとの行政命令を出していますが、現在も拘留されている人たちに関する調査書類がきちんとととのっていないため、釈放される人たちについてもかなりの時間がかかると予測されています。

というわけで、家にあったDVDも観てしまったので、仕方がないので助成金応募書類にとりかかります。

2 件のコメント:

MARC さんのコメント...

こんばんは。いつもとても興味深く拝見させていただいております。
私は大学でアメリカ政治を勉強している者ですが、昨年授業の中でRoad to Guantanamoを観ました。その時の衝撃の強さは計り知れないもので、今でもはっきりと覚えています。
アブグレイブ刑務所のことはMichael MooreのSiCKOにも出てきていますよね。何とも皮肉めいた話でした。

先生が中公新書で出された本はどれも大変有益なもので、自分の研究にも役立たせていただきました。これからも面白い記事を期待しております。

依利 さんのコメント...

はじめまして。
私は一会社員ですが、大学の学部の卒業論文をアメリカ史で書いた縁で、興味を持ち、吉原さんの著作もいくつか読ませていただきました。
Road to Guantanamoは、日本でも公開されていて、ゴアの『不都合な真実』までは行きませんが、結構話題になりました。
ちょっとしたドキュメンタリーブームの波に乗ったとも言えるかもしれません。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id326185/

これからもご活躍期待してます。