2009年6月21日日曜日

同性愛者運動にはなぜ全国的リーダーが存在しないか

今日のニューヨーク・タイムズに、「同性愛者運動にはなぜ全国的リーダーが存在しないか」という論説が載っています。奴隷解放運動にはフレデリック・ダグラス、公民権運動にはマーティン・ルーサー・キングJr.、フェミニズム運動にはベティ・フリーダンやグローリア・スタイナムがいたように、法律や政治、社会意識を大きく揺るがすような社会運動にはたいていカリスマ性のあるリーダーが存在する。にもかかわらず、ストーンウオール暴動(『ドット・コム・ラヴァーズ』96−97頁参照)から50年間がたって同性愛者の権利という点ではさまざまな功績を遂げた今でも、同性愛者運動には同様の全国的リーダーが存在しない。このブログで以前言及したハーヴィ・ミルク(今ちょうど日本で『ミルク』公開中ですので是非どうぞ)は運動全体に大きなインスピレーションと役割モデルを与えはしたものの、彼自身の活動はサンフランシスコ市のローカルなコミュニティに根ざしたものだった。なぜ同性愛者運動は、公民権運動やフェミニズム運動と同類のリーダーが現れないのだろうか?というわけです。

この記事の分析によると、まずひとつに、同性愛者運動は、性的アイデンティティを基盤にした運動であるがために、一般市民が彼らの問題を公的で道徳的な問題としてとらえにくい、ということ。人種差別や性差別が道徳的にも社会的にも間違っているということを理解するのは比較的たやすくても、セックスにまつわることを同じような憤りをもって考え、社会運動に結びつけることは、多くの人にとって障壁がある。さらに、同性愛者運動が取り組んできた問題の多くは、きわめてローカルな性質なものである、ということ。職場における差別の禁止、憎悪犯罪などをめぐる法律の多くは、市や州レヴェルの立法によるものですし、また、州によって結婚をめぐる法律や手続きが違うアメリカでは、このブログで何度も言及しているように、同性婚やシヴィル・ユニオン、ドメスティック・パートナーシップをめぐる権利のための闘いは州レヴェルで行われます。ゆえに、連邦政府の立法や連邦最高裁の判決によって全国的に直接影響をもたらす大きな進歩をとげていった公民権運動などとは違い、同性愛者運動はより拡散したローカルな動きをする、とのことです。

同性愛者の権利に関するオバマ大統領の政策が生温いとの批判があがっていると同時に、州レヴェルでは同性婚が徐々に認められるようになっているなかで、今後のこの運動の流れが注目されます。

0 件のコメント: