2009年9月26日土曜日

選択的夫婦別姓実現へ

選択的夫婦別姓を認める民法改正案を政府が早ければ来年の通常国会に提出する方針を固めたとのニュース。これは素晴らしい!夫婦別姓は、私が中学生の頃からたいへんこだわりを持っていた問題で、高校生のときに、夫婦別姓問題についての集会にも出たことがあるくらいで、私のフェミニストとしての意識の発達にかなり重要なポイントとなっていました。一時期議論がけっこう盛り上がったにもかかわらず、その後とんと話題にのぼらなくなった(私が日本を離れてからはそれほど熱心にフォローもしなくなってしまったのが大きいですが)ので、もう実現しないかと悲観していましたが、こうして与党となった民主党が積極的に取り組んでくれるのは、本当にありがたいです。もちろん、自民党の抵抗はかなり強いですから、民主党がよしと言ったからといってそうすんなり通過するとは思えませんが、少なくともこの問題がメインストリームの場で議論され、与党が支持をはっきり表明するということは、国民の意識にだいぶ変化をもたらすのではないでしょうか。夫婦別姓は家族の崩壊をもたらすという議論は、まったくナンセンスだと思います。同姓でも崩壊している家族はすでにたくさん存在するし、あえて別姓を選択しながら結婚し家族生活を営もうという人は、そのぶん「結婚とはなにか」「家族とはなにか」「自分たちはなぜ結婚するのか」といったことを意識的に考えて、お互いへのコミットメントが強い人たちでしょう。アメリカではすでに選択的別姓ですから、私の周りには同姓の人も別姓の人もいますが(著述活動をする学者はやはり別姓の人が多いです)が、日本でも、別姓でいるために事実婚にしている人たちや、法的に結婚して戸籍上は同姓でも通称で別姓にしている人たちは、そうした人たちです。夫婦別姓は「行き過ぎた個人主義」の顕われである、という議論もありますが、はたして「行き過ぎた個人主義」とはいったいなんでしょうか?

ちなみに私は今学期桜美林大学で、「結婚と家族の日米比較」というテーマの授業を担当しています。(おもに留学生を対象にした、英語で行う授業です。)さまざまな理由が重なって受講生が少なく、授業というよりはチュートリアルのような形式になりそうですが、参考までに、以下その授業の内容紹介です。

Course Content

This course takes a comparative look at marriage and family in Japan and the United States. Through historical, sociological, and anthropological analysis, we will discuss the commonalities and differences in the institutions and lived experiences of marriage and family in the two countries. Topics we will cover include: changing arrangements for marriage and family, the government’s role in shaping marriage and family, rituals of marriage and family life, political discourses of “family values,” cultural ideals of marriage and family, and non-traditional marital and family relations. In addition to discussions of readings and films, we will take a field trip to a wedding hall. Students will also conduct interview and participant observation of family life with their host families.


Course Requirements

Class participation 40%
As a seminar with a heavy reading load and intensive discussion, a significant portion of the grade will be based on class participation. Regular attendance is mandatory. Students who miss five or more classes will fail the course unless they make an arrangement with the instructor to make up for the unavoidable absences. Attendance is not synonymous with participation. The class will be conducted in a discussion format, and it is assumed that when you are present, you have done the assigned readings and are ready to participate in discussion of the material. Class participation will be assessed based on: (1) the consistency and thoroughness of your preparation for each session, (2) your active participation in discussions and constructiveness of your ideas, and (3) your ability to build upon other students' ideas and to work collaboratively with others. Occasional mini-writing assignments will also be assessed as part of class participation.

Short paper 20%
Write a 5-page (i.e. approx. 1,250 word) paper analyzing one of the assigned films, discussing how “marriage” and/or “family” are portrayed in the film. Discuss the specific ideals of marriage/family that the characters subscribe to or struggle with, the sources of tension between those ideals and reality, and the ways in which the story resolves (or not) those tensions.

Final paper and presentation 40%
Over the course of the semester, you will be conducting participant observation of the family life of your host family. You will also conduct in-depth (at least two hours each) interviews with at least three of the family members (if three family members are not available for interview, we will make alternative arrangements). Based on your observation and interviews, you will write a 10-12 page (i.e. 2,500-3,000 word) paper that discusses the family relations, incorporating the ideas from the class readings and discussions. Detailed guidelines as to the ethics of research and writing will be provided. For students who do not live with a host family, an alternative assignment will be designed. In the final week, students will give a 15-minute presentation on their paper.

Required Texts

Beth Bailey, From Front Porch to Back Seat: Courtship in Twentieth-Century America
Nancy Cott, Public Vows: A History of Marriage and the Nation
Merry Isaacs White, Perfectly Japanese: Making Families in an Era of Upheaval
Gail Lee Bernstein, Isami's House: Three Centuries of a Japanese Family
Ruth L. Ozeki, My Year of Meats: A Novel


Film Viewings

Students are required to watch the following film prior to the days designated for discussion in the class schedule. Details TBA.

Sex and the City (2008)
Family Game (1983)
If These Walls Could Talk 2 (2000)
Aruitemo Aruitemo (2008)

1 件のコメント:

alba さんのコメント...

初めまして。いつも興味深く拝読しています。

夫婦別姓、ぜひとも早期実現してほしいですね。私は、戸籍上は同姓、社会生活上は別姓のパターンです。別姓で入籍OKであればそうしたと思いますが、選択肢自体がない以上、選びようがありません。結局、夫の姓にしましたが、夫婦同姓を規定する現行の法律は、今日の社会生活にマッチしていないとつくづく実感しています。原則としては夫か妻どちらかの姓を選べばよいことになっていますが、実際には夫の姓が選択されることがほとんどですし、男性側は(いわゆる婿養子でない限り)自分が相手方の姓を名乗る可能性について一考することすらないのが普通です。その意味で姓の選択は実質的にはフィフティ・フィフティではありません。

女性も仕事をもったり、さまざまな契約行為を行っている現代、結婚年齢も上がり、結婚する頃には多少なりとも社会生活の蓄積があります。印鑑から社会保険に至るまで、(余儀なくされた)氏名変更による諸々の煩わしさは、本当にウンザリするものがあります。理念的な面だけでなく、実際問題上けっこうなストレスです。仕事上での通称(旧姓)使用は珍しくなくなり、私の周りでも多いですが、法定書類や手続きの面ではやはり皆、何かと不便を感じています。実際、つい最近、そうしたもろもろが面倒で法律上離婚したという話も聞きました(家庭生活はそのまま継続)。

別姓を選択するカップルは、別姓でありつつ共に生きることを選ぶわけだから、別姓ゆえに家族の絆が損われるとも思われません(それに家族の崩壊は、たいていもっと別の次元から起こる)。女性の活動がほぼ家内に限られていた昔とは違う今の時代、同姓を選ぶもよし、別姓を選ぶもよし。とにかく選択肢があってほしいですね。実生活上の煩雑さやトラブルの可能性(年金記録なども改姓時に抜け落ちたケースが少なからずあると聞きますし)という点からも、選択的別姓の実現を強く望んでいます。なお、実現した場合、すでに入籍している者が別姓を再選択する余地はあるのか、そのへん気になるところです。