2010年4月17日土曜日

結婚は健康にいいか?

先週のニューヨーク・タイムズ・マガジンに、「結婚は健康にいいか?」という記事があります。19世紀なかばにイギリスでなされた調査以来、ごく全般的に言って、結婚している人のほうが、未婚の人や配偶者と死別した人とくらべて、健康で長生きする、ということが統計的に示されてきました。結婚という形態をとらずに共同生活をする男女や同性愛者、離婚を選択する男女などが多い現代社会においては、19世紀の前提や調査結果をそのまま当てはめるわけにはいかないものの、結婚している人のほうがそうでない人よりも健康である、という全体的な傾向は当たっているそうです。(といっても、結婚と健康に相関関係があるからといって、必ずしも因果関係があるとは言えない、との注記もあります。結婚したから健康を保てる、というよりは、健康な人のほうがそもそも結婚する確率が高い、ということもあるからです。)ただし、そのおおまかな統計をもう少し具体的に見てみようということで、結婚生活の質と健康の相関関係を調べた現代の調査結果が、この記事に述べられています。「まあ、そりゃあそうだろう」と思うようなものが多いのですが、具体的な調査方法や結果は、なかなか興味深いです。

ぶっちゃけた話、結婚生活がうまく行っている人は、未婚者や離婚経験者と比べて確かに健康だけれども、結婚生活に問題がある人は、未婚者と比べて免疫力が低いなどの健康上の問題が見られ、夫婦関係のストレスは身体的な症状となって表れるのが明らか、ということです。そして、それを単にいっときの調査結果(つまり、被験者の健康診断の結果と、自己申告による結婚生活についての満足度の相関関係をみる)だけでなく、時間を追って夫婦関係における葛藤と健康上の数値を調べる、という調査もあるそうです。たとえば、幸せに暮らしている(と思える)新婚男女にチューブをつけてもらい、24時間にわたって、定期的に看護士が採決をしながら、家事、セックス、義理の両親など、問題を引き起こしやすい話題について話し合ってもらう。また別の調査では、夫婦の腕に小さな傷をつけて、愛情深い暖かい会話をするときと、葛藤のある会話をするときで、その後傷が治るまでにかかる時間に差があるかどうかを調べる。よくもまあこんな調査に参加する人たちがいるもんだなあと、それに感心してしまいますが、実際に何十組もの夫婦がこの調査に同意し、出た結果はたいへん明瞭。葛藤の多い会話をした男女は、てきめんに免疫力が低下して、傷が治るのにずっと時間がかかるのだそうです。

だから、結婚生活においては、なにか問題が感じられたら初期のうちにそれを話し合うなりなんなりして解決への努力をするべきで、そうしないと長期的には心臓病や糖尿病など健康上の問題へも発展しがちである。そして、そうした問題に向き合って取り組んでいこうという意思があるのなら、もちろんその努力はするべきであるが、その意思がないのなら、健康上の観点からいえば、結婚生活をやめたほうがよい。(ただし、離婚がもたらす健康上の問題は小さくはなく、その後で新たに幸せな結婚生活をするようになった人でも、離婚で負った健康上の傷は完全には癒えない、ということらしいです。)といっても、どんな夫婦でも多少の言い争いをするのは当たり前で、喧嘩をするか否かということよりも、喧嘩のしかたが問題であり、双方が自分の言い分を主張するときにも、相手を傷つけたり嫌悪感をあらわにするような言い方でなく、相手への愛情や暖かみをもった言い方をすることで、健康上の問題に発展するようなストレスはずっと和らげられる、とのことです。まあ、当たり前と言えばその通りなのですが、こうしたことが実際の数値で結果となってあらわれるというのが、やはり面白いです。

5 件のコメント:

bun さんのコメント...

こんにちは。興味深く拝読しました。

意外に思ったのですが、貴女は離婚のダメージの男女差については言及しておられませんね。離婚のダメージは、特に男に大きく現れ、女にはほとんど現れないという調査結果を見たことがあります。これは当たっているだろうと思います。離婚経験者の男の平均寿命は、男全体の平均寿命より10年ほど短いそうですよ。生涯独身だった男は平均より数年短いだけなので、やはり離婚のダメージが大きく寿命を縮めているのではないか、と。縮めているだろうなと思います。

現実に私の周りのカップルや、離婚した男を見ても、寿命が短くなるのみならず、なんといいますか日常生活の充実度が極端に落ちているんですよね。「男やもめにうじがわく」ですよ。

男がダメになる時、一般にバーンアウトの形を取りますね。あしたのジョーの「燃え尽きたよ真っ白にな」ですよ。やる気とか覇気を、日常生活に必要なレベル以下に至るまで、失ってしまいます。他方で女は、偉いなあと思うんですけど、概して、凹んだ男がみせるようなやる気の失い方をしませんね。どんなにめんどくさくても、落ち込んでいても、欠かさずに絶対にやる、そういう日常生活の些事が、男よりはるかに多いですね。男はそういうことを馬鹿にしているのだと思います。でも生きる上では大事なことですね。女は生きる上で何が大事かについて、男みたいな馬鹿な間違え方しませんからね。

余談ですが、ときどき東京で問題になる「ゴミ屋敷」って、離婚/死別その他のショックを受けた結果、バーンアウトになって何も出来なくなった男が作るものではないかと思っています。事例によっては、カウンセリングでゴミ屋敷でなくなるんではないかと思います。

一方、私が知る離婚経験の女は、別れた後の方がよほど元気になっている女ばかり(笑)。私の親の世代ではなおさらですね。さすがに女でも離婚で寿命は短くなっているようですが、男と比べればよほどわずかのようです。

ちなみに私も離婚して独身ですが、先生の紹介された調査結果には全くあてはまっておりませんで、結婚していた時よりもよほど健康で明るい生活を送っております。理由ははっきりとしています。私が別れたい一心で、過度な喫煙/運動不足/過食をし、故意に体を壊し、日常生活に必要な活動は体の不調その他を理由にことごとくサボタージュし、結果当然に愛想をつかされて離婚された後、禁煙と食事制限・エクササイズ等をして全て元に戻したという事情があるからです。寿命は確実に伸びたはず(笑)。

私は家事/育児の類いが男一般よりは明らかに好きなので(共働きで母が仕事から帰るのが遅くなることが頻繁にあったので、妹の夕食を作る必要が生じたりして、早くから家事をしていたおかげです。ありがたいと思っています)、自分では心配していないのですが、バーンアウトになって、日常生活を破綻させるうじやもめ男にならないために、男の生活の知恵として私が有効だと思っているのは、観葉植物の世話をする、ペットを飼うなど、とにかく生き物の世話を上手にできる男になる、ということです。生き物はこちらの都合で育つのを待ってはくれませんから。

以上です。貴女が嫌いな「中年男性の頭の中」でなければいいんですが(笑)。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

この記事で紹介されている調査はアメリカの夫婦を対象にしたものですから、結婚のありかたも離婚のありかたも、日本と事情は大きく違うと思います。健康上のデータは知りませんが、アメリカでは離婚による経済的ダメージは女性にとってのほうがずっと大きいという統計があります。もちろん離婚の事情によりますが、アメリカではいわゆるno-fault divorceが一般的だというのが大きいでしょう。

それはともかくとしても、この調査の結果では、「健康上の観点から言えば、問題のある結婚生活を続けるよりも、独身でいるほうがよい」ということですから、実際は当てはまっていらっしゃるのではないでしょうか。

Max さんのコメント...

横やりですが、最初のコメントは記事の主張のサポートをしているに過ぎませんね。アメリカだろうが日本だろうが離婚にコストがかかるなら最初から結婚しなければいいだけのこと。

この雑誌の読者層は、婚活を煽る日本社会をどう捉えているでしょうねー。気になります。

bun さんのコメント...

こんばんは。吉原先生ちょっとごめんなさい。先生が載せたということは反論を期待してということかとも思い、ならばご期待通り、横やりいれてきたMaxとかいうアホにいくつかうかがっておきたいのですよ。こんな短い文章にすら既に足らなさがたまらずにじみ出ちゃっている残念な絡み方しかできないかわいそうなかわいそうな人ですので、どうせまともな答えは返ってこないでしょうが(笑)。

えーっと、こんなありきたりな文章構成で絡むしか能のないクズ、何十行でもコケにできますが、読む力ないでしょうから2つに絞ってあげます(笑)。絡んだ相手がこんなに優しい人でよかったね。いいなあ。ついてるな貴様(笑)。

1。コストがかかるならしなければいい、ということですが、私にはコストをかけてでもした方がいいこともたくさんありまして、それを私がしたからといって何かご不満でしょうか?まあ別にあなたに何万言を弄して問題があるといわれようが、私はこれからもやりたいことをのびのびやり続けますがね。

そもそも私はあなたほど貧乏ではないので、自分のやることのコストなんてあなたほど気にしていないのですよ。何か言いたければ私くらいの金持ちの気持ちがわかる程度には稼いでからにしましょうね(笑)。まあ無理でしょうから結局はぐうの音くらいで黙ってろということなんですけど(笑)。

2。そもそもこのコメントはあなた宛に書いたコメントではありませんので、それを自分の立場もまともに明らかにしないまま、私の知人でも親戚でもないくせに、後から言及するのはマナー違反です。その点について、「横やりですが」などという弱い逃げ腰な断りでなく、改めて、きちんと私と吉原先生に謝罪してください。

なお、これ以上先生のご迷惑になるのもなんですし、私はブログをやっていますので、あなたにもかすかな良識があれば、続きはそちらでお願いしますね。何の反応もなければ、以前私に無礼な関わり方をして私による削除の憂き目にあった、例の往生際の悪いアホの逆恨みと判定して、きちんと往生させるべく、さらに相応の対応をします。覚悟しておいてください。きじも鳴かずば撃たれまいとはこのことだ。わはははは。それにしてもお前のコメント削除したときは気持ちよかったなあ。またあの楽しい思い出がよみがえって来たよ。

いやあ、それにしても、こんなクズ荒らしコメントにこんなにかまってもらってよかったね(笑)。こんな日本語でも冷や汗たらたら流しながら一生懸命書いたんだろ?(笑)。俺はこのくらいのコメントで30秒くらいだな。とにかくまあ、今度だけだぞ(笑)。

では以上よろしくお願いいたします。吉原先生改めてごめんなさいね。

Max さんのコメント...

>bun
貴方のおっしゃるように「離婚にダメージがある」んだとしても「健康に良い結婚生活と悪いそれとを区別しよう」というNYTの記事の内容を裏付けるだけで、言及する必要がない無駄な点だと申し上げただけです。またご自身の卑近な例ではなく統計的なデータを持ち出されたほうが、建設的な議論ができますよ。

上記のように著述的な主張と規範的な主張を弁別できない人が多いトピックで発言されるのは大変なことと存じますが、気を付けているポイントなぞを先生から伺えたら幸いです。