2009年5月26日火曜日

セミファイナリスト決定

クライバーン・コンペティションの正式な日本語ブログが立ち上がり、飯坂健さんと一緒に私もブロガーになることになりました。コンペティションの期間中はこのブログと重複する内容が多いかと思いますが、よかったらそちらもご覧ください。

さて、今日は予選の最終日かつ12人のセミファイナリストの発表がありました。予選の最後のふたりの演奏が始まる直前に、フォートワースには突然ものすごい嵐がやってきて、大雨に加えて大粒のひょうが降ってきて、私はホテルからホールまでずぶぬれになって走っていきました。宮廷の舞踏会で着るようなピンクのドレスで舞台に現れたYeol Eum Sonのハイドンは、昨日も弾いた人がいましたが、彼女の演奏も実にぱりっとしてかつ軽やかな遊び心のあるいい演奏。シューマンのファンタジー組曲は、私は無理に比べるならば昨日のAndrea Lamのほうがちょっとよかったような気がしますが、リストのスパニッシュ・ラプソディーはすごかった。座って聴いているだけで思わず笑顔になってしまうような情熱的でかつ楽しい演奏でした。最後に演奏した日本人の坂本真由美さんとは、私はこれまでお話をしたことがなかったのですが、プロフィールの写真を見るかぎりとても可愛らしいイメージなので、演奏もそういう感じなのかしらんと勝手に想像していたら、まるで違って、バッハのトッカータニ短調、ものすごく芯のある音で重厚で荘厳な演奏でした。続くメンデルスゾーン、ラフマニノフともにとても気品の高く情熱のこもった演奏で、素晴らしいと思いました。

そのあと、審査結果が集計されているあいだ一時間ほど、出場者全員が集まっている待合室では、何人かの出場者が楽しそうに卓球をして盛り上がっていましたが、やはり緊張した空気が漂っていました。新聞記者やドキュメンタリーのカメラマンなどもたくさんいるので、こうした中で結果待っているのはさぞかし居心地が悪いだろうなあと心中を想像すると私自身もリサーチと称して写真なんかを撮っているのが申し訳ない気持ちでした。

結果はクライバーンのほうのブログを見ていただければわかります。私の予想はちょうど50%当たっていました。この数字は高いのか低いのかよくわかりません。Soyeon Leeと坂本真由美さんが入らなかったのはとても残念。でも辻井伸行さんとHaochen Zhangが入ったのはとても嬉しく、Di WuとAndrea Lam, Yeol Eum Sonが入ったのはやっぱり、という感じです。

明日は中日で、セミファイナリストたちは準本選の必須であるタカッチ・カルテットとの室内楽のリハーサルなど忙しいですが、聴衆はちょっとお休み。私はまだちょっと睡眠を補って、まだ行っていない美術館に行こうかと思っています。

0 件のコメント: