2009年1月21日水曜日

インターネットと政治参加

オバマ氏が大統領になってまず最初になにをするのか、世界中が注目していましたが、彼がまずサインした行政命令が、ホワイトハウスのスタッフの給与の据え置き、ロビイストの権限の制限、そして政府の情報公開に関するものであったことは、「おー、さすがー」と思いました。国民の政府に対する信用を取り戻し、経済危機のさなかに政府が一般市民の側にたっているということを示し、政府のアカウンタビリティを回復するには、象徴的にも実質的にも重要な第一歩だと思います。

PBS(アメリカの公共テレビ局)のニュース番組で、オバマ政権のもとでインターネットが果たす役割についての話題がありました。オバマ氏の選挙キャンペーン中に、特に若者層のあいだでインターネットがきわめて重要な役割を果たしたことは以前の投稿で何度か言及しましたが、インターネットは選挙活動の道具だけではなく、一般市民と政府を結びつけ、国民の主体的な政治・社会参加を促進する媒体であるということを、オバマ政権が認識していることがよくわかります。もちろん、政策をはじめとするさまざまな情報を政府が公開するための道具としては、すでにインターネットは幅広く使われていましたが、オバマ政権は、インターネットを、単に政府から市民への一方的な情報伝達の道具ではなく、市民が積極的に政治に関わり、社会奉仕活動などにさまざまなコミュニティを動員するための、よりダイナミックな媒体と捉えていることが伝わってきます。選挙キャンペーン中にインターネットを使って地域の支持者を集めたホームパーティなどを企画してオバマ氏への支持を増やしていった一般市民たちが、オバマ氏当選後も、そうした経験を、具体的な政治・社会参加活動に結びつけている様子が興味深いです。政治のリーダーが若ければいいとは必ずしも思いませんが、このあたりは、ブラックベリーを手放さないデジタル世代のオバマ氏とそのスタッフならではの、新鮮な動きだと思います。テクノロジー関連を担当する政権スタッフも一ヶ月以内ぐらいに指名されるとのことです。

2 件のコメント:

bun さんのコメント...

おはようございます。

勝手なお願いにもかかわらず先のコメントにお返事いただきありがとうございました。一旦固辞して期待をそらしておいてから私が忘れた頃にあっさりやってのけられるおつもりということでありがとうございます(笑)。冗談はさておき、いつ気が変わられたとしても、応援させていただきます。

オバマ氏はインターネット経由の小口資金の寄付をたくさん集めたそうですね。ごくおおざっぱな印象なのですが、日本の政治家・経営者は、むしろインターネットを敵視して、全く利用しない「おっさん」同士で、共同戦線を張っているようにすら思えます。特に新聞/ラジオ/テレビ等、マスメディア関連企業の経営者の歩調の合わせ方は凄いです。これは日本の若者がおとなしすぎて自分が期待する政治勢力に、ごく小額でも寄付をするとか、街頭でデモをするとかという動きを、ほとんど見せないせいでもあるでしょう、ホリエモンがこけて後続がほとんど見当たらない(私はこのぴたりと止む止み方に日本だなあと思いますが)せいも大きいでしょう、日本のエスタブリッシュには、何ら具体的な力として映っていないように思われます。それこそ日本でも若い政治家がインターネット経由で多額の小口資金を集め、「おっさん」達の既得権益の最も重要な部分を突き崩すような事件が起こらなければ、態度を改めたりはしないように思われますし、彼らも安穏と改めずにいられる、ということでしょう。

もとい、これは私もイスラムについて数々の重要な発言をしておられる放送大学の高橋和夫先生に教えていただいたことですが、オバマ氏自身はキリスト教徒ながら、父方はイスラム教徒なのですね。私にはそれを知って大変驚き、ケニアやインドネシアのことよりよほど重要だと思ったのですが、そんな重要な情報が、日本のニュースではNHKを含めほとんど伝えられません。これも「おっさん」達のアンチインターネット共同戦線とあわせて驚くべきことだと思っています。

さて貴女のお仕事について、私は「大学院」については既に買って拝読していましたが、あちらはできるだけ筆者個人のキャラや個人的な都合を表に出さないようにする必要がある本でしたものね?今日はhalf day offなので、これから貴女の文章を半日以上かけて徹底的に読み漁ろうと思っています。先日ご教唆いただいた「誰も知らない」の評は入手できていませんで残念ですが、とにかくとても楽しみです。

長文申し訳ございませんでした。こんな話をかけるブログがほとんどないのでつい甘えてしまいました。

Mari Yoshihara 吉原真里 さんのコメント...

ご丁寧なコメントをどうもありがとうございます。
インターネットと政治参加ということに関する日米の差には、(オンライン・デーティングについての一般の人たちの態度や、さまざまなSNSサイトの使いかたにみられる)インターネット文化のありかたの違いに加えて、そもそも政治文化の根本的な違いがあると思います。媒体の問題は別にして、若者にかぎらず一般市民が、政治に興味をもち、政治家にむかって発言したり支持や抗議の行動をとったりといった形の政治参加、そしていろいろな形の社会運動が、今の日本では一部をのぞいてほとんどない(私は日本に住んでいないので、外から観察したあくまで印象ですが)なかでは、どんなに画期的なテクノロジーができたところで、それが急に社会を変えるということはありえないでしょう。アメリカでももちろん、若者の多くは政治にまったく無関心な人もいますが(今回の大統領選でそのあたりはずいぶん変わりましたが)、全体としては、日本と比べたら、政治によって世の中が変わると信じて、自分の尊敬する政治家に希望を託して自分の時間やお金を注ぐような人たちはずっと多いです。

「週刊読書人」に載ったのは「誰も知らない」ではなくて「ロスト・イン・トランスレーション」の評です。とにかく、熱心に私の書いたものを読んでいていただいてありがとうございます。