2009年1月29日木曜日

オバマ大統領 Lilly Ledbetter法に署名

今日(アメリカ時間木曜日)大統領になって初めてオバマ氏が署名した法案が、Lilly Ledbetter Fair Pay Actであることには、女性史を教えているものとして感慨深いです。この法案は、男女間の賃金差別に関する訴訟をしやすくするものです。Lilly Ledbetterとは70歳になる女性で、工場の監督として大手タイヤメーカーのGoodyear社に19年間勤め、そのキャリアの終わり近くになって、自分と同じ内容の仕事をしている男性が自分よりも二割高い賃金を受け取っていることを知り、雇用上の平等を保障する公民権法第7編に反するとして会社を訴えていました。会社が違法行為をしたと陪審員が判断したにもかかわらず、2007年に最高裁が、不平等な賃金が払われた最初の日から180日以内に訴訟手続きをしなければこの件は無効であるとの判決をくだしたことによって、賃金平等の実現が滞っていました。今年に入ってこの法案は下院・上院の両方をスムーズに通過し、選挙キャンペーン中一貫してこの法案の支持を表明していたオバマ氏が、最初に署名する法案となりました。この法案によって、賃金差別を受けた人は、不公平な賃金を受け取った最初ではなく最後の日から180日以内に手続きをすれば、訴訟は有効となります。これによって不当に低い賃金を受けている女性の経済状況も改善するし、訴訟を恐れる雇用者があらかじめ賃金格差をなくす措置をとるようにもなるはずです。

この立法を可能にしたLilly Ledbetterという女性が、フェミニズムだとか女性の権利だとかいうことを叫ぶ活動家ではなく、家族を支えるために真面目に工場で働いていたごく普通のおばさんです。さまざまな不公正を是正するには、多数の人々を動員しての社会運動ももちろん必須ですが、それと同時に、一般市民の一人一人が勇気とエネルギーを絞り出して、面倒で不愉快で長引く裁判にのぞむといった行為によって、少しずつ歴史が変わっていくのだ、ということを学ばされます。この立法は、Lilly Ledbetterさんのケースにはなんの効力もないので、彼女自身はこれによって一ドルとも手にすることはありません。それでも、このひとりのおばさんの勇気とねばりが、これから先のアメリカの女性の経済的地位にとても重要な遺産を残すことは間違いありません。オバマ大統領が、署名の場で、自分のおばあさんと娘たちに言及しているのがなかなか感動的です。「経済がうまく動くためには、すべての人にとってうまく動く経済でなくてはいけない」という一言にも、希望を与えられます。この法案の詳細については、こちらをどうぞ。

1 件のコメント:

bun さんのコメント...

こんにちは。bushさんなら今頃honey moon中でしたでしょうに。

またご本人の名前がとてもいい。”Ledbetter”とは。着飾っておられて感慨深げな様子がとても印象的でした。

私の田舎の親戚や近所のおばさんたちの中には夫婦が不仲で夫がろくに給料を家に入れずヒモ化してしまったのでやむなくトヨタやソニー幸田にパートに出て生活費や子供の教育費を捻出しているおばさんが少なくありません。男に世帯の給料を渡すのであればその給料が滞りなく世帯を潤わさなければならないのですが、ちゃんと抜かずに渡しているんでしょうかね。みなさん。そうでないとすれば男よりはパートのおばさんたちに多く分配した方がよほど世の中が明るくなるのではないか、と確かに思います。にもかかわらず昨今の不況です。トヨタが赤字であるとマスメディアを通じてアナウンスされたということは、下請け孫請け関連の会社に人員整理許可の高札が出たというような意味に近く、愛知県を静かな衝撃が襲いました。若い派遣労働者に関するニュースばかりですが、今多くのパートのおばちゃんたちが再雇用の道をとざされたまま家に帰っているであろうと、思います。しかしニュースにすらならない、と。

私の母を含めそんな日本のおばちゃんがLillyさんをうらやましがるとすれば、私は専門家でないので間違っていたらすいませんが、米国では訴訟を150ドルほどで提議でき、訴訟費用を原告だけでなく基本当事者双方が負担し、相手から自分に有利な証拠をとれることがある、点等々でしょう。これらの副作用として数々のfrivolous lawsuitやパテントマフィアが生じているともいえ、もちろんいいことばかりではありませんが、上に書いたような日本のおばちゃんの権利を十全に守るためならば、少なくとも米国程度には原告に有利な制度がなければならないだろうとも思います。

日本の制度は世帯主に甘いので、夫に財布を握らせないようにしないと、先々悲惨なことになりかねない。世帯主としての義務をどの程度果たしているかについては全くノーチェックですからね。家族を養うため、という性善説で男に多めに渡っている、ということでしょうに。どこの旦那もそんなにマスオさんみたいですかね。

また実際にどう運用されるかにも目を配らなければいけませんね。「司法」にはいろいろと癖のあるみなさんが巣食っておられるようですから、大統領が彼らとどのようなやりとりをされるのか注目したいと思います。

ではこれからもいろいろと教えてください。